イタリア人の知恵!イタリアで手に入る食材を使った風邪対策から美容ケアの方法5選

938

View

風邪を引いたときや、美容にも使えるイタリアで手に入る食材を紹介します。

スポンサーリンク

1.風邪を引いたらブラッドオレンジ

軽い風邪の症状が出てきたときにオススメなのがブラッドオレンジジュース。スーパーでもペットボトルのブラッドオレンジジュースを買うことは可能ですが、生絞りが新鮮でビタミンÇが豊富です。

風邪を引いて辛いときや、薬にあまり頼りたくないときには、八百屋やマーケットでブラッドオレンジを購入に自分で絞って飲んでみましょう。

2.オリーブオイルでクレンジング

イタリア料理ではオリーブオイルは欠かせませんが、オリーブオイルは食べ物にだけでなく美容にも良いです。中でもオリーブオイルをクレンジングの代わりに使うことがオススメです。

オリーブオイルを少量手に取り、指で優しく化粧を落とし、紙でオイルを拭き取ったらあとはいつもの洗顔をするだけ。とても簡単です。良質のオリーブオイルを使うことをオススメします。

スポンサーリンク

3.ものもらいには紅茶

ものもらいになってすぐに病院にいけない状況のとき、お湯を注いだ紅茶にガーゼを30分くらい浸してそのあとに目に当てます。この方法は知り合いのイタリア人から学んだ方法です。病院に行くのが一番ですが、行くことが難しい状況のときはまずこれを試してみましょう。

4.赤ワイン風呂で体を温めよう

買った赤ワインがなかなか飲み終わらないときにオススメなのが赤ワイン風呂。やり方は簡単。残った赤ワインをバスタブに入れるだけです。体の芯から温まります。

5.風邪から美容にまで!ハチミツ

イタリアではオーガニックで新鮮なハチミツが色んなところで手に入ります。風邪のときはハチミツジンジャーティーを作ることがおすすめです。ハチミツとすりおろした生姜を混ぜてそこにお湯を注ぐだけ。寝る前に飲むと喉の痛みが和らぎます。またハチミツも美容にも効果があるのでハチミツを使ってフェイスパックや唇パックをするのもおすすです。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ

この記事を書いた人

Rio
Rio

フィリピン留学、東南アジアバックパッカー、オーストラリアワーホリを経てイタリア生活2年目。自由に楽しく今を生きるがモットー。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)