ドイツ生活で役立つ!キッチン家電のドイツ語10選

2109

View

Marion Doss

本記事ではキッチン家電に関するドイツ語をご紹介します。教科書に出てくることは少ないかもしれませんが、留学生活中は覚えておくと便利なものばかりです。

スポンサーリンク

1.キッチン

まず、キッチンはドイツ語で「die Küche(ディ キュッヒェ)」です。

ちなみに、冒頭の「die」は定冠詞です(英語でいうthe)。

ドイツ語の名詞には、男性・女性・中性の3種類の「性」があり、単語によってどの性であるかが決まっています。そして、その単語の性によって、以下のように定冠詞を使い分けます。

  • 男性名詞→der
  • 女性名詞→die
  • 中性名詞→das

たとえば「Küche」は女性名詞なので、「die」を使います。名詞の性を覚えるのはドイツ語学習においてとても重要なので、本記事では定冠詞を付けて表記します。

2. 電子レンジ

電子レンジはドイツ語で「die Mikrowellenherd(ディ ミークロヴェレンヘーアト)です。

3.冷蔵庫、冷凍庫

冷蔵庫はドイツ語で「der Kühlschrank(ディ キュールシュランク)」です。
冷凍庫は「der Gefrierschrank(デア ゲフリーレシュランク)」です。

それぞれ、「Kühl=涼しい」+「der Schrank=戸棚」、「gefrieren=凍る」+「der Schrank=戸棚」という言葉の組み合わせで成り立っています。

4.食器洗い機

食器洗い機はドイツ語で「die Spülmaschine(ディ シュピュールマシーネ)」です。
食器洗い用の洗剤は、「die Spülmmittel(ディ シュピュールミッテル)」といいます。

5.コンロ

コンロはドイツ語で「der (Küchen)herd(デア キュッヒェンヘーアト)」です。

スポンサーリンク

6.ミキサー

ミキサーはドイツ語で「der Mixer(デアミクサー)」です。

7.炊飯器

炊飯器はドイツ語で「der Reiskocher(デア ライスコッハー)」です。ドイツでも海外メーカーの炊飯器が買えるようですが、機能が少なくシンプルなものが多いようです。

8.圧力鍋

圧力鍋はドイツ語で「der Schnellkochtopf(デア シュネルコホトプフ)」です。直訳すると「早く料理が出来る鍋」という意味で、日本語名との違いが面白いですね。

9.電気フライヤー(揚げ物機)

電気フライヤーはドイツ語で「die Fritteuse(ディ フリットゥーゼ)」です。ドイツ料理はじゃがいもをよく使うので、フライヤーを使って自宅でフライドポテトを作る方も多いそうですよ。

10.オーブン

オーブンはドイツ語で「der (Back)ofen(デア バックオーフェン)」です。ドイツ料理にはオーブンを使うものが多いので、覚えておくと便利です。

まとめ

いかがでしたか?「料理はあまりしないから関係ない」と思われる方も多いかもしれませんが、ドイツは冷凍食品・インスタント食品も豊富なので、こういった単語を覚えておくと食品の説明書きも読めて便利ですよ。是非留学生活中は参考にしてくださいね。

参考文献

 
アクセス独和辞典
Amazon アクセス独和辞典 在間 進・亀ヶ谷 昌秀 著
 
郁文堂和独辞典
Amazon 郁文堂和独辞典 冨山芳正・三浦靭郎・山口一雄 編集

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学にクレジットカードは必須?留学におすすめのクレジットカード

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 4054 view
  • オーストラリア留学で喜ばれたオススメお土産8選

    お土産は「ホストファミリーとの話題作り」「友達とのコミュニケーションのきっかけ作り」など様々なシーンで効果を発揮します。初めての留学、初めてのホームステイであると、どんなお土産が良いのか考えてしまいますよね。今回は僕のオーストラリア留学の経験を元に、海外で人気のお土産を紹介します。

    Shun 5818 view
  • 留学で保険の加入は必要?留学・ワーキングホリデーにおすすめの保険

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな留学やワーキングホリデーの保険についてご紹介します。

    運営チーム 3308 view
  • wwwは日本だけ?外国人にチャットで「(笑)」を伝える方法

    私にとって初めてできた外国の友達はベトナム人でした。彼女とSNSでチャットを楽しんでいて、いつも(笑)と表現しているところを、思わず「www」って打ってしまったんです。でもこれは日本のネットスラング。もちろん海外では通じません。ベトナムの友達からは「ウェブサイトのwww(ワールドワイドウェブ)?」と聞かれてしまいました(笑)。今回は外国人に「(笑)」の気持ちを伝える方法をご紹介します。

    きりん 7774 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

hana
hana

ミュンヘン生活2年目、海外生活11年目の日英バイリンガル。ただいまドイツ語勉強中です。海外生活を自分らしく・ハッピーに楽しむコツ、そしてミュンヘンのお役立ち情報をお届けします!

http://hanamlife.blog.fc2.com/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!