留学で困らない!知っておきたい基本的なSinglish単語5選

771

View

simone.brunozzi

シンガポーリアンは英語が少し訛ったようなSinglishを話します。今回は知っておくべき日常会話で話される基本的なSinglishをご紹介します。

スポンサーリンク

Q(Que)

お店やレストランのレジに、よく「Q」や「Que」という看板を見ます。これはイギリス英語が発祥で、列に並ぶことを表しています。「キュー」と、そのまま発音されます。

Can/Cannot・Need/No need

シンガポールでは単語だけを使うことが多いです。買い物をしていて、店員に「Can you give me discount?」と聞いて答えがYESの場合は、「Can」、NOの場合は「Cannot」と単語のみの返事が返されます。

店員さんに「Need or no need?」と聞かれたら「要りますか?要りませんか?」ということになります。また、特に強調したいときは、「can, can!」と連続して言うこともあります。

Take Away

こちらもイギリス英語が発祥で、「お持ち帰り」という意味です。英語だと「to go」と習ったと思いますが、ほとんどのお店では通用しないので、覚えておくと便利です。

スポンサーリンク

Maidan

「Maidan」は、お会計を意味します。アメリカでは、「Check please」と言うとお会計をもらえますが、シンガポールでは「Maidan」と店員さんに言ってみましょう。

Alamak!

「Alamak!」は「Oh my gosh!」と同じ意味で使われます。シンガポーリアンが驚くと、こんな言葉が聞けますよ。日本語の「あらま!」にも似ていて、覚えやすいですよね。

まとめ

Singlishは基本的に文法を省略して簡素になっていることが多いです。ぜひSinglishも留学で覚えて帰りましょう!

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • Singlish
  • シングリッシュ

この記事を書いた人

MOMO
MOMO

楽しくてハッピーでミーハーです♪

https://www.instagram.com/_momopi/