イタリアの牛乳の種類は?イタリアで牛乳を買う際に役立つ豆知識

1845

View

イタリアにはたくさんの牛乳メーカー・種類があります。パッケージには、日々のイタリア語の勉強では出会わなかったような独特な単語がたくさん書かれていますので、購入時に困らないように、牛乳を買う際に役立つ豆知識をまとめました。

スポンサーリンク

イタリアには冷蔵と常温2種類の牛乳がある

牛乳の写真です

イタリアのスーパーには冷蔵コーナー以外になんと、常温コーナーにもたくさん牛乳が置いてあります。冷蔵コーナーにあるものは「latte fresco (日本でいう低温殺菌牛乳)」、常温コーナーにあるものは「lunga scadenza (日本でいうロングライフ牛乳)」で、後者の方が1カートン (1リットル) あたり0.5ユーロ程安く手に入ります。 その他、品揃えの良い店には、冷蔵コーナーに「latte crudo (日本でいう生乳)」が置いてあることもあります。まずは両方試して味の違いを楽しんでみてください!

脂肪分別によるラインナップも豊富

牛乳の写真です
flickr

イタリアでは日本と同様、脂肪分の割合によっても牛乳が細分化されています。それぞれの呼称を忘れてしまっても、全乳以外はパッケージにダイエットを連想させる挿絵や大きく「0%」と書いてあることが多いのでご安心を!ちなみにヨーグルトにも脂肪分の割合が表記されています。

intero (全乳)

いわゆる普通の牛乳です。カロリーは100mlあたり68kcal程度です。時々「alta qualita (高品質)」という、高級感漂うパッケージに入ったプレミアム牛乳が売っていることもあります。

parzialmente scremato / leggero (低脂肪乳)

こちらはカロリー48kcal程度でややヘルシー。全乳よりはコクが少なめですが、カロリーを気にする人には人気です。

scremato / magro (無脂肪)

こちらはカロリー38kcal程度と、ダイエッター向き。大きく「0%」と書かれていることが多いのでおそらくすぐにわかるかと思います。

スポンサーリンク

殺菌方法で分かれていることも…

牛乳の写真です
Wikimedia Commons

イタリア語の教科書にはなかなか出て来ない難しい単語なので、スーパーで迷われる方もいるかもしれませんが、イタリアの牛乳のパッケージには殺菌方法も割と大きく書かれています。

latte pastorizzato (低温殺菌牛乳)

 

低温殺菌牛乳を指し、冷蔵コーナーに置いてあるfrescoタイプが基本的にこちらに該当します。なお、crudo (無殺菌) タイプは開封後2日間、frescoタイプは1週間程度美味しくいただくことが出来ます。最近ではより長期間牛乳を保護出来るというブルーボトルに入ったバージョンが登場するなど、中身・パッケージともに進化を続けています。

latte sterilizzato (高温殺菌牛乳)

高温殺菌牛乳を指し、常温コーナーにあるlunga scadenzaタイプの多くがこちらに該当します。特に「UHT (ultra high temperature pasteurization)」という、150度近い高温で1~3秒間殺菌処理したものが人気です。高温殺菌することにより、未開封で常温長期保存が可能になり、1か月から長いものだと3か月ほど持ちます。災害時の備えなどにも活用されています。

それ以外のバラエティも豊富

いちご牛乳の写真です

カカオ・コーヒー・いちご・バナナといった味のバラエティはもちろん、その他にも以下の様に目的別に様々な牛乳が用意されています。値段は通常のものより0.2~0.3ユーロ高い程度。パッケージには他の牛乳と間違えないよう、挿絵などが豊富に盛り込まれていますが、必要でない方は念のため買う時に注意しましょう。

alta digeribilita / senza lattesio

乳糖分解済のもので、牛乳でお腹を壊しやすい人向けです。

BIO (ビオ牛乳)

有機農法の干し草を食べて育った牛から絞った牛乳のことをいいます。

microfiltrato

精密濾過処理を施した牛乳です。

soia (豆乳)

日本と同様、イタリアでも豆乳は美容や健康意識の高い方によく飲まれています。

riso (ライスミルク)

日本でも最近ダイエット効果があるとしてライスミルクが流行っていますが、イタリアでも同様に飲まれています。

capra (ヤギのミルク)

チーズを作る際によく使われるヤギのミルクは、イタリアのスーパーなどでも購入することができます。

最後に

2015年のミラノ万博に出展していたボローニャ発祥の「Granarono社」は全国的に目にしますが、その他は地域によって主力商品が様々。スーパーではプライベートブランドもありますし、酪農大国フランス・スイスに近い北イタリアには「Vipiteno」「Chiuro」といった北海道や那須高原のような牛乳の産地があり、地元の乳製品組合ブランドの美味しい牛乳もあります。是非イタリアに来たらいろいろな牛乳を試してみてください!

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3036 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4243 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1229 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1679 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに半年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,