【調査レポート】留学に行くならどっち?1年間の長期留学 or 2週間の短期留学

3194

View

最近では1週間でも行ける近場のフィリピン留学も人気が高いようですが、留学に興味がある人の本音はどうなのでしょうか?やっぱり長期間行きたい!と思うのか、それとも、まずは2週間くらいの短期留学から!と考えるのでしょうか?そこで、今回は海外留学EFの調査をもとに、現在の留学検討層のニーズと、その解決方法をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

留学するならやっぱり長期留学!

EFの調査では、留学をするのであれば「長期」と思う方が78%、まずはやっぱり「短期」からと思っている方は22%という結果となりました。

海外留学のEF調べ
海外留学のEF調べ

どうして1年間の長期留学を希望する人が多いのでしょうか。考えられる理由として「きちんと語学力を学びたい」「海外の文化や習慣にどっぷり浸かりたいから」などの点が挙げられるのではないでしょうか。

最近、明治大学が調査した結果(参考:留学の有無で年収に大差 明大が大規模追跡調査 )では、留学中の異文化体験が社会人として大きな成果に繋がっている(給与が高いポジションに就いている)傾向も確認されています。

せっかく留学をするのであれば、できる限り時間を作る努力をし、長期間の海外留学に挑戦することが将来のためにも良いと言えます。

スポンサーリンク

障壁はコスト面!

しかし実際の状況として、長期留学にチャレンジしたくても、なかなかお金の部分で断念せざる得ないこともあるようです。69%の方が、留学を断念する理由として「留学費用が高額だから」をイメージしています。

海外留学のEF調べ
海外留学のEF調べ

ただ、そこで諦めるのは早いかもしれません。なぜなら、留学するためにお金を借りる仕組みは調べれば沢山あるからです。今しかないと思ったら、留学の実現に向けて色々と情報を収集してみましょう!

コンテスト参加で長期留学が手に入る?

現在、様々な教育機関がスピーチコンテストや論文コンテストを実施しています。その賞品として「長期留学を贈呈!」というケースもあります。

例えば、海外留学のEFでも「Be Somebody」といった海外留学に行きたい想いを競うコンテストを開催しています。優勝者には6ヶ月間の語学留学が贈呈されます。自分の夢を実現するためにコンテストに出場してみるのも一つの手になるでしょう。
Be Somebodyへの公式応募ページ

調査概要

海外留学のEF公式twitterアカウントにフォローしているユーザーを対象に調査を実施。
調査時期:2015年12月

「1週間の留学」を無料プレゼント中(11/30締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

海外留学のEF
海外留学のEF

海外留学のEF日本事務局です♪皆さんEFはご存知ですか?EFは世界16カ国、40都市で語学学校・学生寮を運営している私立教育機関です。留学や海外生活に役立つ情報を発信していきますので、楽しみにしてくださいね。

http://www.efjapan.co.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)