ダウンタウンに子鹿?自然溢れるバンクーバーならではの珍ニュース

2627

View

2015年7月半ば、バンクーバー市民がちょっとビックリするような珍しい出来事がありました。ここでは、そのニュースの詳細とその後についてご紹介します。

スポンサーリンク

どこから来たの?!ダウンタウンに子鹿が登場!

2015年7月半ばのある朝、バンクーバーのダウンタウンのど真ん中に突然「子鹿」が登場しました(※)。子鹿はHowe StreetとNelson Streetで最初に目撃され、その後、飲食店や衣料品店などが軒を連ねるGranville Streetへと移動。バスなどを含む多くの車両が、しばしの間立ち往生する事態となりました。ショッピングに飽きた(?)子鹿は、その日のうちに高級高層マンションが立ち並ぶYaletown、その後さらに北のEnglish Bay近くまで移動したと報道されています。

TwitterやInstagramなどのSNSには、子鹿を見かけた人たちによるたくさんの写真が投稿されました。自然溢れるバンクーバーですが、ダウンタウンのど真ん中に鹿が登場するのには、さすがの市民たちも「びっくり!」の一言。

バンクーバーの環境庁も「どうすることもできないので、子鹿が自然にダウンタウンから離れるのを待つ」と発表し、「危険なので子鹿に近づかないように」と声をかけました。鹿はその後姿を消し、一旦事態は収束しました。

※参照:A deer spotted running around downtown Vancouver

スポンサーリンク

スタンレーパークにお引っ越し?

バンクーバーの情報サイトVancity Buzzによる(※)と、7月下旬以降、この子鹿がスタンレーパークで頻繁に目撃されるようになったとのこと。どうやらこの子鹿、スタンレーパークにお引っ越ししたようなのです。記事には、スタンレーパークの外周の「Seawall」で魚釣りをする人の隣に、子鹿の姿がばっちり写った写真が公開されています。

スタンレーパークの担当者によると、子鹿はノースバンクーバー方面から海を泳いで(!)バンクーバーに渡ってきたのではないかのこと。それもそのはず、バンクーバーのダウンタウンは周囲をほぼ完全に海で囲まれていて、大型の野生動物が多く生息する山や森が多くある北とは橋でしか行き来できないのです。事実、同日に鹿が海を泳ぐ姿がとらえられたビデオも報道されています。

同時に、人々がこの子鹿に餌を与えていることが問題に。スタンレーパークの担当者は、「子鹿は、既に人から餌をもらえると気づいてしまっている。人に慣れると野生に戻れなくなる危険があるので、決して餌を与えないように。」と呼びかけています。

※参照:Downtown Vancouver's famous deer now living in Stanley Park

まとめ

まだまだどうなるのか、今後の行方が気になる「ダウンタウンの子鹿」。自然溢れるバンクーバーだからこそ(?)の珍しい話題は、今後も注目の話題となること間違いなしです。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3552 view
  • カナダ滞在者必見!タダで映画が見られてお得な「SCENEカード」

    日本人のように(?)ポイントカードが大好きなことで有名なカナダ人。ここでは、そんなカナダで生活するならぜひチェックしておきたい、お得な「SCENEカード」についてご紹介します。

    eplm 3136 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 2981 view
  • 世界18ヵ国の美人基準はこれだ!これからは恋人探しもグローバルに?

    私が生活しているセブでは美人の基準が日本とは異なります。フィリピンに限らず、お国が変われば美人の基準も異なるようです。日本ではコンプレックスだった部分が、違う国ではキュートだと歓迎されることもあります。そこで今回は、「美人」に関した面白い研究結果を交えてお話ししたいと思います。

    ケン 59393 view

この記事に関するキーワード

  • ニュース
  • 子鹿

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。