ローマはどこの州?イタリア20州の州都のイタリア語名

2292

View

スポンサーリンク

ここでは、イタリア20州と州都のイタリア語名と、各州のちょっとした情報などをご紹介します。

スポンサーリンク

Valle d'Aosta(ヴァッレダオスタ州) / 州都:Aosta(アオスタ)

ヴァッレダオスタ州はイタリアで最も小さな州。フランスとスイスに接している為、両国の影響が色濃く出ています。スイスとの国境に位置する峠グラン・サン・ベルナール峠は、セント・バーナード犬のゆかりの地としても有名。

Piemonte(ピエモンテ州) / 州都:Torino(トリノ)

2006年冬季オリンピックの開催地としてもおなじみのトリノを州都に持つピエモンテ州。海なし州ですが、その分お肉の魅力に富んだ美食州で、Carne cruda(カルネ クルーダ/生肉)食べる州としても知られています。

Lombardia(ロンバルディア州)/ 州都:Milano(ミラノ)

ミラノを州都に持つロンバルディア州。ドゥオモ、最後の晩餐といったおなじみの観光名所はもちろん、実は100を超える湖を持つ湖水地方としての魅力も兼ね備えています。

Trentino Alto Adige(トレンティーノ=アルト アディジェ州)/ 州都:Trento(トレント)

最も名前が複雑な州のトレンティーノ=アルト アディジェ州。「トレンティーノ地方」「アルト アディジェ地方」の2つが合体したため、このような形となってしまいました。一帯は「Sud tirolo(スッド ティローロ/南チロル地方)の愛称で知られ、日本人にもこちらの名前の方がなじみ深いかもしれません。ドイツやオーストリアのカラーが色濃く出ている州で、オクトーバーフェストやクリスマスマーケットも有名です。

Friuli Venezia Giulia(フリウリ=ヴェネツィア ジュリア州)/ 州都:Trieste(トリエステ)

名前が複雑な州その2、フリウリ=ヴェネツィア ジュリア州。しかもTrentino Alto Adigeの隣にあって、州都名もそっくりなんです。雰囲気はガラっと異なり、オーストリアやハンガリーの要素が垣間見える州。日本ではコーヒー専門店イリー(illy)の発祥の地としても有名です。

Veneto(ヴェネト州)/ 州都:Venezia(ヴェネツィア)

あのヴェネツィアがあるはFriuli Venezia Giuliaではなくヴェネト州。ヴェネツィアだけが有名、と思いきや、2026年にコルティーナ・ダンペッツォ(Cortina d'Ampezzo)が冬季五輪開催地に決定し、新たな観光名所として魅力を発しています。

Liguria(リグーリア州)/ 州都:Genova(ジェノヴァ)

ジェノヴェーゼのふるさとジェノヴァを持つリグーリア州。冬の寒さ厳しい北部に位置しながらも、どことなく陽気なムードがただよう州。車で3時間ほど走ると、なんと南仏ニースやカンヌ、モナコに行ける為、日帰りでこれらを一気に巡る人もいます。

Emilia Romagna(エミリア=ロマーニャ州)/ 州都:Bologna(ボローニャ)

ボロネーゼのふるさとボローニャを州都に持つエミリア=ロマーニャ州。長い名前はエミリア地方とロマーニャ地方が合体してできたが故で、本特長を活かした様々な料理が魅力です。ちなみに、イタリアの州の中で「=」が付いている所がありますが、これがまさに2つの地域が合体したことを意味します。

Toscana(トスカーナ州)/ 州都:Firenze(フィレンツェ)

州都フィレンツェの印象が強いトスカーナ州ですが、海辺の地域も有名観光地がたくさんあります。貿易港として有名なリボルノ。斜塔でおなじみのピサもここ、トスカーナ州の都市の一つです。

Marche(マルケ州)/ 州都:Ancona(アンコーナ)

文法的にも不思議な魅力を持つマルケ州。というのも、マルケ州は1つしかないのに、複数形の冠詞「Le」が付くのです。理由は語調が良いため。文学や芸術がお好きな方は、ダンテやラファエロ等のゆかりの地としてもおなじみかもしれません。

スポンサーリンク

Umbria(ウンブリア州)/ 州都:Perugia(ペルージャ)

バーチチョコのふるさとペルージャのある、海なし州ウンブリア。最近では中世イタリアにおける最も有名な聖人(イエスの為に良い行いをした人)フランチェスコの出身地、アッシジも一大観光地として人気を博しています。

Lazio(ラツィオ州)/ 州都:Roma(ローマ)

首都ローマがあるのがラツィオ州。日本からの直行便も飛んでいる為、日本人の多くがイタリアの玄関口としてラツィオ州を利用することになるでしょう。食、サッカー、芸術、歴史など、全ての魅力を兼ね備えたラツィオは、イタリアでやりたいことが沢山ある方にとってもってこいの州です。

Abruzzo(アブルッツォ州)/ 州都:L'Aquila(ラクイラ)

いまや地震が名物?アブルッツォ州。イタリアも地震国で特にアブルッツォ州は過去なんども大災害に見舞われています。もちろんそれ以外の魅力も。特に山と海がすぐ近くに迫っているのも魅力で、州都のL'Aquila(“ラ”にアクセントがきます)は標高714mというイタリアで最も高い位置にある州都。そこからちょこっと車で走ると、今度は素敵なビーチリゾートが眼前に広がります。

Molise(モリーゼ州)/ 州都:Campobasso(カンポバッソ)

イタリア人ですら行ったことのある人の少ないモリーゼ州!Valle d'Aostaの次に小さな州で、州都カンポバッソへはナポリから2時間程でいくことができます。ツアーなどはなかなかないので、イタリア滞在期間中に是非行ってみて!のんびりした自然が広がる穏やかな世界が広がっています。

Puglia(プーリア州)/ 州都:Bari(バーリ)

ローマからまっすぐ伸びるアッピア街道の終点ブリンディシがあることでも有名なのがイタリアのブーツのかかとこと、プーリア州。州都はバーリで、イタリア人も「Tacco d'Italia(タッコ ド ィターリア/イタリアのヒール)」とこの地を呼びます。

Campania(カンパニア州)/ 州都:Napoli(ナポリ)

ナポリを州都にもつカンパニア州。日本からも毎年多くの観光客が訪れますが、イタリア人たちにとっても人気の国内観光地です。ベタですが、やっぱりピザはナポリが一番美味しい!是非他の州との味の違いをご体感ください。

Basilicata(バジリカータ州)/ 州都:Potenza(ポテンザ)

州都ポテンザは知らなくとも、Matera(マテーラ)をご存知の方はいらっしゃるのでは?。洞窟住居が世界遺産となっているマテーラは、メルギブソン監督の映画「パッション(2004年)」のロケ地となって以来、更に多くの観光客が訪れるようになりました。

Carabria(カラブリア州)/ 州都:Catanzaro(カタンザーロ)

ここも州都カタンザーロは影が薄め。しかし、ペペロンチーノパスタ発祥の地として有名です。唐辛子を使ったメニューが豊富で「ンドゥーヤ(Nduja)」という面白い名前のソーセージはそのまま食べてもピザの具としても絶品ですよ!是非お試しください。

Sicilia(シチリア州)/ 州都:Palermo(パレルモ)

イタリアで一番面積の大きな州。最南州ならではの、独特の食文化が広がっている点が、どことなく沖縄を彷彿とさせます。昨今は真夏に行くと暑すぎるので、9月頃に遊びに行くのがオススメ。泳がない方は4-5月頃が花が綺麗で観光客も少なく、のんびり過ごせて◎です。

Sardegna(サルデーニャ州)/ 州都:Cagliari(カリアリ)

サッカーセリエAがお好きな方は、同名のクラブチームがある為、州都カリアリの名前をご存知かもしれません。州全体としては人間よりも羊の数が多いことで有名!また、英語のサーディン(いわし)の語源もここ、サルデーニャからきています。

まとめ

今回は、日本人に馴染み深い名物を中心にご紹介しました。是非気になる所があったら、次の旅行先として検討してみてください。

英語好きにお勧めインスタ

役立つ英語フレーズを毎日紹介しています。ぜひフォローしてください。

@langpedia

「3週間の留学」を無料プレゼント中(2020/1/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「3週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「3週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 州都
  • 地図

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談