セブでカラオケはどこに行けばいいの?セブのカラオケ事情とお勧めのお店

2627

View

Ed Schipul

たまには息抜きに、みんなでカラオケにレッツ・ゴー。でも、どこに行ったらいいの?セブのカラオケ事情と日本人でも安心して楽しめるカラオケ・パブをご紹介します。

スポンサーリンク

セブのカラオケ事情

セブでカラオケ自体は、かなり浸透しています。ビーチにカラオケ・マシーンが置いてあることも。コインを入れると一曲歌えるシステムです。

しかし、セブでは日本のようなカラオケ・パブやカラオケ・スナックはありません。セブでカラオケ・バーは「KTV Bar」と呼ばれています。しかし、その実態は日本で言うところのキャバクラです。

セブには日本人が経営しているKTVバーも数軒あります。日本語で書かれている看板なので、うっかりカラオケ・スナックだと勘違いして、お店に入ったらビックリです。セクシーな衣装を身にまとった女の子達がずらっと並んでお出迎えしてくれます。とても女性や学生さん達が気軽に楽しめる環境ではありません。

販売店で無料カラオケ

セブのカラオケに関して、私が最初に驚いたのはカラオケ・マシーンの販売店です。店頭で、一日中マイク片手に店員さんが歌っているのです。日本ではありえない光景です。それも軽く歌っているのではなく、熱唱なのです。

飛び入りで、通行人のお客さんが歌ってもOKです。何曲歌っても料金は取られませんが、かなり自信と度胸がないと歌えません。プロ級に歌が上手い方になると、路上ライブ状態になることもあります。

実際に店頭で歌ってテレビ局にスカウトされた少年もいます。歌に自信があれば、一度チャレンジされてもいいかと思います。

日本人でも安心のカラオケ・パブ

では、本当にセブには日本のような気軽に楽しめるカラオケ・パブ、もしくはカラオケ・スナックは一軒もないのかと言うと・・・あります。今からご紹介するお店は、おそらく今のところセブに存在する唯一カップルでも気軽に楽しめるカラオケ・パブだと思います。

Cyclamen(シクラメン)

お店の名前は「Cyclamen」。日本語で「シクラメン」です。現地の方々はアメリカ英語読みで、サイクラメンと呼んでます。

Cyclamen(シクラメン)

セクシーなホステスさんもいません。一人だけMCとコメディ役の女性?がいます。この一見、女性にしかみえない方は、実はオカマさんです。彼女は日本語ペラペラです。彼女がかなり、お店の雰囲気を盛り上げてくれます。ちなみに店の美人ママさんも日本語OKです。

Cyclamen(シクラメン)の様子

(↑MCとコメディ役の女性?)

セブに語学留学されている学生さんも、たまには息抜きと英語の学習も兼ねて英語のカラオケ曲に挑戦されてみるのもいいかと思います。日本語の曲も、もちろんあります。

一番嬉しいのはトイレが清潔で綺麗な点です。また、スタッフも明るくて最高です。カウンターもおしゃれな雰囲気です。

Cyclamen(シクラメン)のカウンター

(↑カウンターもおしゃれな雰囲気)

客層は?

客層は、色々です。おじいちゃん、おばあちゃんの熟年カップルもいます。若いカップルもいます。常連客の英国人もいます。純粋にカラオケ好きの人達が集まっているお店です。入り口にはガードマンも在駐しているので、変なお客さんはシャットアウトされます。

Cyclamen(シクラメン)のガードマン

(↑ガードマンも明るいキャラでいい感じ)

時にはお客さん同士で盛り上がってディスコ状態になる事もあります。客席はすべてステージに向かって配置してあり、カップルでステージでデュエットすれば、無料ビールチケットという特典もあります。スタッフにお願いすれば、気さくに一緒に歌ってくれます。

料金は?

料金は一人、サービス・チャージとして20ペソ。それ以外は飲食料金だけ。カラオケは無料です。

ビールがフィリピンで有名なサンミゲール・ビールが70ペソ、ライトで75ペソです。ビール3本飲んで、一人250ペソかかりません。フィリピンではビールは氷を入れて飲むのが一般的なのですが、氷代はかかりません。氷がなくなると、すぐに新しい氷をアイスバケットに入れて持ってきてくれます。

場所は?

場所は、セブ市内のマボロ地区。タクシー利用の際は、「マボロのエクスプレス・イン・ホテル」(マボロ教会、斜め前)でいいかと思います。そのホテルから数軒隣り(徒歩30秒)です。ホテルのガードマンに聞かれても、「すぐ、そこだよ。」と教えてくれます。なお、SMモールというセブでは有名なショッピングセンターからでも徒歩7分ほどです。

Cyclamenの基本情報
客収容数:約40名
営業時間:月〜土 8:00PM - 3:00AM、日 休み
カラオケ曲:英語曲、日本語曲、現地語曲

スポンサーリンク

セブで日本語の曲が歌えるカラオケボックス

セブにも、日本と同じシステムのカラオケ・ボックス(Family KTV)があります。日本のカラオケ店と較べると曲数は少ないです。最初はちょっとリモコン操作が分かりにくいかもしれません。比較的、日本の曲が多い人気の2店舗を紹介します。

1.RED BOX

マニラでは大人気のカラオケ・ボックスで比較的、新しい日本の曲もあります。場所は巨大アヤラ・ショッピングセンターの中にあります。プライム・アワーがお得です。

プライム・アワー
7:00PM - 12:00MNの時間帯。一人あたり299ペソで、ワンドリンク付き 部屋代無料で歌い放題です。

2.Song Hits

セブ市内に2店舗あります。セブでは有名な繁華街マンゴ・スクエアーの正面にある、マンゴ・アベニューのTWO MANGOにある本店と、バニラッド・エリアのバニラッド・タウン・センター(BTC)にある2店舗。

お勧めは本店のマンゴ・アベニューの方。近くにディスコやコメディバー、日本ラーメン屋さん、コンビニなどもあり、カラオケ終わってからでも楽しめます。料金は一部屋、1時間99ペソ~。

おまけ

セブのカラオケの関する記事だったので、意外とご存じない方も多いかもしれない歌に関する英語をご紹介します。

1.MCってなんの略? → Master of Ceremonies(マスター・オブ・セレモニース)
2.口パクって英語で? → lip sync(リップ・シンク)

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • Cyclamen
  • KTV Bar
  • Family KTV
  • カラオケ

この記事を書いた人

ケン
ケン

日本の大学を卒業後に、フランス、イギリス、アメリカを渡り歩き、気がつけばセブで生活をしている50代半ばのオッサンです。酒とビリヤードを愛する男。セブでは、日本人よりフィリピン人のほうが友達は多いです。ちょい悪オヤジになりきれない、か弱いオヤジ。今までの経験を通して、私らしい情報発信ができれば幸いです。