イタリアのお菓子会社「Ferrero(フェレロ)」絶対買うべき銘菓10選

4470

View

スポンサーリンク

Wikimedia Commons

世界的にも有名なイタリアの食品メーカーのFerrero(フェレロ)。日本へ輸入されいるヒット商品も多いですが、やはり本国のラインナップは圧巻!ここでは、イタリアに行った際にチェックしたい一押し製品の数々をご紹介します。

スポンサーリンク

定番の商品

1.フェレロロシェ(Ferrero Rocher)

今や日本のコンビニでもゲットできる、会社名を冠したフェレロロシェ。金色の包み紙に入ったカリカリナッツをまぶしたチョコボールは皆さん1度は口にしたことがあるのではないでしょうか?

公式ウェブサイトにはアレンジレシピから空き箱のDIY方法まで載っていて見応えたっぷり!イタリア人の生活に根差したお菓子であることが伺い知れます。

2.ヌテラ(Nutella)スプレッド

1946年創業のフェレロ社のスーパーヒット商品ヌテラ。筆者もイタリア滞在初期は「なんでこんなに人気なんだろう」と思っていましたが、今では一時帰国の際にヌテラが実家にないとなんとなく不安になってしまう程に。

パンに塗るのが定番ですが、アイスやクレープ、ビスケット、ヨーグルト、ピザにまで!まるで、日本人でいう「醤油」のような感覚で、イタリア人はとりあえず「ちょい足しヌテラ」へのあくなき挑戦を今日も続けています。

3.キンデルソルプレーザ(Kinder Sorpresa)

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

Per le mie piccole Consegna mini-uova in Arrivo #kindersorpresa #mybabes #chocolate #saturdaymorning ☀️ #Easter

Fedi さん(@federica_tomasi)がシェアした投稿 - 2017年 4月月15日午前4時38分PDT

日本で「キンダーサプライズ」の名前で売っているものをイタリア語にしたのがこちら。イタリアの工場でつくられているキンダーサプライズは、殻のチョコレートもカカオバターが濃厚で美味しいと好評。大人が殻を食べて、子供が中から出てきたおまけで遊ぶ、なんて光景もよく見かけます。

映画やイベントに合わせたコラボ商品も多く、日本のドラえもんコラボなども販売されています。

イタリアに来たらマストバイな名作

4.ヌテラビーレディ(Nutella B-Ready)

フェレロ社がミラノ万博に合わせて満を持して世に送り出した自信作。サクっとしたウエハースチョコは発売以来、あっという間に一世を風靡し、今やすっかり主力商品となりました。「B-Ready」は英語の「Be ready」つまり「準備OK?」の意味などが込められているそうです。

CMでは俳優さんが朝ご飯としてカプチーノに付けて美味しそうにヌテラビーレディを食べています。

5.キンデル・コラツィオーネピウ(Kinder Colazione Più)

コラツィオーネとは「朝ご飯」のことです。パウンドケーキのような食感の、2〜3口で食べられるパンタイプの本製品は、名前の通り朝ご飯にぴったり!と、イタリア人から絶大な支持を得ています。新フレーバーも続々登場し、朝テレビをみていると必ず1回はCMを目にするほど。

パッケージは大きいですが、個包装になっていて割れたり欠けたりすることがないので、お土産にもおすすめです。

6.ポケットコーヒー(Pocket Coffee)

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

Quem gosta de chocolate e café precisa provar (e comprar várias caixas) do #pocketcoffee da #ferrero

comidinhasさん(@comidinhas)がシェアした投稿 - 2015年10月月9日午前7時35分PDT

輸入食材店などで日本でも時々扱われているポケットコーヒー。イタリアではレジ前にガムやキャンディらとともに置いてあり、お会計の順番を待っているうちに、ついつい買ってしまう人が後を絶ちません。

名前の通り「携帯出来るコーヒー」というハイテク機能を兼ね備えたポケットコーヒー。チョコの中にエスプレッソの液体が入っていて、そのまま食べると、に眠気覚まし効果抜群。また、牛乳に溶かしてカフェモカ風にして楽しむこともできます。

7.キンデルブエノ(Kinder BUENO)

キンデルブエノはヌテラビーレディとよく似た味わいなのですが、より軽い食感。大人の皆さまには「ぬーぼー」と言うと「ああ!」と思ってもらえるかもしれません。これもレジ前にあって、イタリア菓子には珍しく、小分け(2本入り)で売られているので、ついつい手に取ってしまいます。

8.ヌテラアンドゴーエスタテ(Nutella & Go Estathé)

日本でも最近発売されるようになったヌテラアンドゴー。ヌテラスプレッドの良さを存分に堪能できるとだけあって、イタリア人にも大好評!

本国では同社の人気紅茶ドリンク「エスタテ」付のヌテラゴーエスタテが売られており、珍しいのでお土産にもおすすめ!常温で持ち運び可能なので、イタリアに遊びに来た方は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

これから日本上陸間違いなし?見つけたら即買いしたい注目商品

9.キンデルカルズ(Kinder Cards)

インスタグラムアイコン(ローディング中です)

Na, wer freut sich schon darauf in unserer aktuellen Italien Box .

vernaschedieweltさん(@vernaschediewelt)がシェアした投稿 - 2018年 7月月2日午前11時31分PDT

オレオやポッキーなど、最近ヨーロッパでは「薄型お菓子」が大ブーム!クッキーやウエハース生地を堪能したい人、ダイエッターから高い支持を得ています。

そんな中誕生したキンデルカルズは、材料はビーレディやブエノとよく似ているのですが、ウエハース感が強く、さらに軽い食べごたえに!夏場の持ち運びも溶けなくて◎!箱入りなので割れにくく、お土産にももってこいです。

10.キンデルピングイ(Kinder Pingui)

スーパーのチルドコーナーに行くと目に飛び込んで来る、フェレロ社のいわゆる「冷えチョコ」シリーズがキンデルピングイです。街中のスーパー(チルドコーナーがある店)でないとまずお目にかかれないため、見つけたら即買い必至!

夏は手にとった瞬間冷たくて思わずうっとり!ですが、なぜだか冬も食べたくなってしまう、一品です。

まとめ

以上、イタリアお菓子会社Ferrero(フェレロ)のおすすめ商品をご紹介しました。後半に行く程、イタリアの街中でしか手に入りくい製品になります。お土産選びの際にも参考にしてみてください。

おやつから朝食まで!イタリアで人気・定番のクッキー&ビスケット5選ではイタリアで定番のクッキー&ビスケットをご紹介しています。こちらも合わせてチェックしてみてください。

「1週間の留学」を無料プレゼント中(7/31締切)

50年以上の実績と信頼があるグローバル語学教育機関がなんと「1週間」の留学を期間限定でプレゼントしています!

応募は行きたい国を選ぶだけ!興味がある人は下記よりご応募ください!

「1週間の留学」が当たるキャンペーンに応募する

スポンサーリンク

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • フェレロ
  • Ferrero
  • フェレロロシェ

この記事を書いた人

Alitalia
Alitalia

アメリカに1年、イタリアに2年住んでいます。お料理と旅行・美味しいものの食べ歩きが大好きです♡特に大好きなカフェやスイーツ、お土産を探すのが大好きなので、おすすめ情報をたくさん発信できたらと思います☆゚・:,

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学留学
無料ライン相談