水道水は飲める?ブラジル・サンパウロのインフラ・ライフライン事情

471

View

ブラジル・サンパウロの上下水道、電気、ガス、電話、インターネット回線、TVと、生活の基本となるインフラ・ライフライン事情についてお伝えします。留学や旅行でサンパウロに来られる方は必見です!

水道

水道

サンパウロ周辺のほとんどのエリアは水道が整備されておりますが、近年は降水不足により2日に1回の断水があります。各家庭にはそれぞれ水を貯めておくタンクが整備されていて、断水の間はその水でしのぐことになります。

そのため、入浴時にはこまめに水を止める、できるだけ短時間で済ませる、洗濯をするときにはある程度汚れ物が溜まってから洗濯するなどの節水対策が重要になってきます。

また、水道水は直接飲んでも問題ないことが多いですが、サンパウロでは多くの人がミネラルウォーターを飲み水として常備しています。

下水道

トイレ

ブラジルはサンパウロのような都会であっても、下水道は十分に整備されておりません。したがって生活排水が直接河川へ流れ込む状態です。

しかも、ブラジルの人はあちこちにゴミをポイ捨てしますので、それが夕立の雨などで河川へ流れ込んで、河川はゴミだらけ。さらに、それが随所で詰まり河川が溢れることも。

ブラジルで水害のニュースが多いのも、それが原因のひとつでもあります。

電気 

電球

サンパウロ周辺は非常に天気が変わりやすく、激しい雷雨がよくあります。その関係で停電が多いです。

また、電気代が高いので、こまめに電気を消すなどの節電に努めましょう。

入浴時のシャワーもガスではなく電気ですので、長湯は禁物です。

ガス

ガス

一部にパイプラインがあるところもありますが、基本的にはプロパンガスを購入し、ガスコンロなどに接続して使います。

日本の石油の移動販売のように、車に積んで音楽を鳴らしながら近所を巡回していることが多いです。

うっかり買い忘れてて料理が途中までしかできなかった、なんてことのないよう、常にストックがあるか確認しておきましょう。

スポンサーリンク

電話

電話

日本と同様に固定電話というものはありますが、近年はやはり携帯電話が主流です。

お金のかかる通常の通話より「Whatsapp」という、ブラジル版LINEのようなアプリを利用する人が多いです。

インターネット回線

PCとタブレット

使い勝手自体については、メールはもちろん動画や音楽を聴いたりなどをするには特に問題点はありませんが、気象状況によって接続が不安定なることがあります。

また、真冬の時期、1ケタ台まで気温が冷え込んだときには、通信網が凍結した影響もあり、3日くらい全く繋がらないことがありました。

TV

テレビ

ブラジルにもTV局があり、ブラジル国内で製作された番組ももちろんありますが、カトリックやプロテスタントなどの宗教色を帯びたものも多いので、ケーブルテレビを契約する人が多いです。

ケーブルテレビを契約すると、日本のNHKやアメリカのCNNなども見られます。

まとめ

いかがでしたか?もしこの記事がこれからブラジルに来られる方、興味のある方、実際に住んでいる方のお役に立てれば幸いです。

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 水道水
  • ライフライン
  • インフラ

この記事を書いた人

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!