【お知らせ】The Carlyle Instituteの閉鎖

1335

View

The Carlyle Institute

アイルランド・ダブリンに校舎があるThe Carlyle Instituteが2015年4月22日に閉鎖の案内を出しました。

スポンサーリンク

The Carlyle Instituteのウェブサイト上で、閉鎖の案内が掲載されています。
http://www.carlyleinstitute.ie/

閉鎖の理由や経緯等は詳しく記されていませんが、現在、最高裁判所にて責務の清算が行われているとのことです。

在校生の方へ

現在、The Carlyle Instituteに申込みをしていた学生から膨大な額の返金に関する問い合わせが寄せられており、すべての学生に全額返金できない可能性もあります。正確な負債額を把握し、各学生に通知できるまでには、しばらく時間が掛かる見通しです。
学校側が把握している学生の元には、2015年6月30日までに負債申込みフォームが送付されます。The Carlyle Instituteに申し込みをしていたにも関わらず期日までにフォームが届かなかった学生は、Eメールにて、下記の破産管財人に連絡をして下さい。

Declan de Lacy
PKF O'Connor, Leddy & Holmes Limited
Century House
Harold's Cross Road
Dublin 6W Ireland

Email: d.delacy@pkf.ie

アイルランド政府による情報提供ページも立ち上げられています。
Task Force on Students Affected by the Closure of Private Colleges

Irish Council of International Students (ICOS)でも、学生かからの相談を受け付けています。
Irish Council for International Students (ICOS)

短期留学でTOEIC300点アップ!

留学エージェントの勤務経験者が「短期留学でもTOEIC300点UP!語学学校の効果を高める秘訣」についてeBookで全て公開しました。

  • 語学留学を成功させる方法
  • 語学学校の仕組み
  • 日本でやるべき準備
  • 留学生活で使える英語
  • 日本でやれる英語の勉強方法

これらの情報を期間限定で無料でプレンゼントしています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

短期留学でTOEIC
300点UP
語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)