フランス・モンペリエの有名ユーチューバー「Rémi Gaillard(レミ・ガイヤール)」とは?

551

View

Wikimedia Commons

「Rémi Gaillard(レミ・ガイヤール)」は、フランスのモンペリエで数々の過激な悪戯の動画を作っているフランスではとても有名なユーチューバーです。いつもは冗談的な悪戯を行いますが、社会的なメッセージを含んだ悪戯などもしています。普通の常識では考えられない悪戯を堂々と行う所に驚かされます。

スポンサーリンク

「Rémi Gaillard(レミ・ガイヤール)」とは?

レミ・ガイヤール(Rémi Gaillard, 1975年2月7日 - )は、フランスのイタズラ者、乱入男。フランス、モンペリエ出身。
公共の場で過激なパフォーマンスをすることで知られており、街中でオリンピック競技や、公道でマリオカートの真似をしたり、果てはサッカーボールを警察車両や空軍の施設に蹴り入れたり、走行中の自転車に当てたりするなどさまざまなことをするイタズラ者。その行為を動画共有サイトで公開している。
スポーツの公式試合に乱入することでも有名で、2002年5月にサッカークラブ・FCロリアンがフランスカップ決勝で勝利した際には、選手のフリをしてピッチを駆け回り、インタビューまで受けている。また同年7月のバレーボール大会ではフランス代表選手に混じって国歌斉唱し、その姿がユーロスポーツで生中継された。その他、テニスの試合(ヤニック・ノア対アンリ・ルコントのエキシビジョンマッチ)やボディビル大会などにも乱入している。
1999年に友人とイタズラを開始し、2001年に公式ウェブサイトを開設。フジテレビの番組に出演した際、イタズラを始めた理由を聞かれ、「会社をクビになったから、なんとなく始めたって感じ」と答えている。

wikipedia

こちらの動画がサッカーの試合で選手のフリをしてピッチを駆け回わっている様子です。

YouTube

こちらはバレーボールの大会の様子です。

YouTube

こちらはマリオカートです。

YouTube

ニュースにも取り上げられた動物愛護のパフォーマンス

そんなレミですが、2016/11/13に公開された動画では真面目な動物愛護のパフォーマンスをしており、フランスのニュースに取り上げれ、フランス国内で驚きの声があがっています。

YouTube

こちらは動物が捨てられて飼い手がいない動物の愛護運動のために、自らが動物の檻に入り、可哀想な動物のために寄付をしてくれないと自分はこの動物の檻から出ないというパフォーマンスを行い募金活動を行いました。彼の活動により募金が集まり、彼は檻から出ることができました。

スポンサーリンク

その他の爆笑動画

レミの動画は多数youtubeにアップされておりますが、筆者が選んだ面白動画をご紹介します。

タバコを吸う人への悪戯

YouTube

タバコを吸う人に対しての悪戯。タバコが禁止の場所でタバコを吸った人に消化器を噴射。最近は世間的にもタバコを吸う人に対して、規制があるのですが、フランスは歩きタバコや道端にタバコのポイ捨てのマナー違反が多いので、レミの気持ちはすごく分かるのですが、ちょっとやり過ぎかもしれません。とても過激で最後は禁止の場所で、タバコを吸っていてレミに悪戯をされた人が、怒って彼を追い掛け回しています。

poil(髭)という街での悪戯

YouTube

フランスにはプワル(poil)という街があるのですが、フランス語でpoilとは、髭や毛の意味があります。レミはプワルの街に髭剃りのスプレー缶の着ぐるみを来て、街中にスプレーを噴射。街中は、泡だらけになりました。街の人にはかなり迷惑ですが、ヒゲの意味の名前の街にかけて、髭剃りのスプレーを街中に撒き散らすというちょっと可愛い冗談の悪戯です。

ロッキーになりきりの悪戯

YouTube

ロッキーになりきったレミがさまざまな物であちこちでトレーニング。おもしろいのはエレベーターにトレーニング機を持ち込み、エレベーターの人が乗れなくなったり、お店のお肉をサウンドバックにパンチの練習など、びっくりトレーニングを行っています。もしこんな変なトレーニングをする人が街にいたら、かなりびっくりですね。

カンガルーの悪戯

YouTube

カンガルーの着ぐるみを着て、街中にジャンプしながらさまざまな場所で悪戯。警察にまで悪戯をしているので、その後、警察でお咎めがあったかもしれません。見ている分には可愛らしい悪戯もあるのですが、ちょっと過激すぎな悪戯もありました。悪戯にあった人やお店はたいへんだったかもしれません。オチも秀逸。

まとめ

レミはかなりひどい悪戯も数々しており、警察からのお咎めや悪戯をした人にかなり怒られたりもしたと思いますが、フランスではこの過激な悪戯も個人的なアピールとして存在し、今も彼はパフォーマンスを続けているのにかなり驚きます。

レミの社会的なメッセージのある彼の強烈な悪戯は、タバコの例など、真面目に考えさせられる所もあります。彼のパフォーマンスは、ニュースでも取り上げられたので、寛容的にフランス人はその点は受け止めているのかもしれません。

モンペリエに滞在する際は、レミの悪戯に遭遇することもあるかもしれませんが、フランスではレミはかなりの有名人で、これはこれでさらっと受け流して下さいね。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • レミ・ガイヤール
  • Rémi Gaillard
  • ユーチューバー

この記事を書いた人

sara
sara

フランスに移住して、3年半が過ぎました。海外経験が全くない・フランス語が全くできないまま、フランスに長期に住むことになりました。フランスのさまざまな文化や生活などの魅力的な情報をお届けします!

http://www.marmiton.org/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)