カナダのスーパーで買える「びっくりビッグサイズ」な商品8選

4375

View

Josh Engroff

日本とはだいぶ雰囲気が違う外国のスーパーでは、ついつい色々なものを物色してしまいますよね。ここでは、私がカナダのスーパーで見つけた、思わず「何人家族用ですか!」とツッコミたくなってしまうような、ビッグサイズな商品をご紹介します。

スポンサーリンク

1.ジュース、牛乳

ジュース
牛乳

ジュースや牛乳などのドリンク系は、とにかく大きくて重いです。車がないと、持ち帰るのも不便。牛乳は最大4L、ジュースも4L近くでした。ちょっと意外ですが、実は500mlや1L入りの牛乳もあります。

ちなみに、日本では低脂肪乳の方が安くバターや生クリームなどの高脂肪の乳製品はとても高価ですが、カナダの人々はダイエット?のために乳脂肪を取りたくないので、高脂肪な乳製品は日本と比べて激安です。

2.卵

卵

最も一般的なのは12個入りの卵です。近所のスーパーで見かけた最大サイズは、こちらの30個入り。

カナダでは卵を生で食べる習慣がなく処理もしていないので、賞味期限がなんと1ヶ月以上あります。相当新鮮である保証がない限りは、カナダの卵で卵かけご飯をするのは避けたほうがいいかもしれません。

3.ケチャップ

ケチャップ

ケチャップやマヨネーズ、BBQソースなどのソース系も、バケツかと思うくらいビッグサイズで売られています。バーガーの国ですから、仕方ない(?)ですね。

普通のスーパーで買えるハインツのケチャップの最大サイズは、1.5Lでした。手に持っても、ずっしりと重いです。

4.ピクルス

ピクルス

カナダ人が大好きなピクルスは、2Lが最大サイズでした。毎日食べても数ヶ月はかかりそうなサイズです。重すぎて、片手で持つと手がプルプル震えます。

ちなみに、ピクルスは「ハーブのディール入り」「にんにく入り」など味付けも豊富で、形も「ホール」「スライス」「波型スライス」などたくさんあります。

スポンサーリンク

5.ハム

ハム

食肉コーナーから大きいハムを見つけました。グラム単位での値段設定ですが、一塊4キロ前後。100g買っても腐らせてしまう私には、考えられないサイズです(笑)。

ハムの他にも、数キロ単位の業務用パックになっている鶏肉や豚肉もしばしば見かけます。

6.グミ

グミ

「Sour Sucker」という、酸っぱい味のグミです。鍵のような(?)不思議な形が特徴で、私もなかなか好きなグミの1つ。スーパーには、1.2キロ入りがありました。見た目はもはやドラム。

グミの他にも、ビッグサイズのチョコやクッキーなどもありますが、あまり健康にはよくないかもしれません。

7.ネギ

ネギ

同じサイズかと思いきや、こちらのネギは太くて硬くてがっしりしています。日本でよく売られる長ネギは、「Chinese Leak」などと呼ばれ、アジア系スーパーでないと手に入りません。こちらの大きいネギは「Leak」、青くて柔らかい小ネギは「Spring Onion」と呼ばれます。

8.アイス

アイス

個人的に一番びっくりしたのはアイスでした。予想をはるかに上回る4Lのアイスは、在庫もなくなってきており、売れ行き好調な様子。自転車で買い物に来たらカゴにはもうこれ以外は入らないでしょう(笑)。一体どれくらいのサイズの冷凍庫があれば大丈夫なのか…。

まとめ

カナダのスーパーの気分を味わっていただけましたか?
こちらには、日本人にはびっくりなビッグサイズの商品の他にも、ユニークな商品、おしゃれな商品などがたくさんあります。カナダに滞在する際は、ぜひスーパーで外国の雰囲気を楽しんでみましょう。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3587 view
  • これってイギリスあるある?イギリス生活でちょっとビックリしたこと5選

    外国に住む限り、どこの国へ行ってもちょっとビックリするようなことがあります。ここでは、私がイギリスに引っ越してきて、ちょっとびっくりしたことを5つご紹介します。

    eplm 4598 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 3014 view
  • 今年アメリカで最も売れた本は?バーンズ&ノーブルのベストセラー10位

    紙の本が売れないといわれて久しいですが、アメリカでは年間約30万冊の本が発行されています。新刊の発行点数は、人口1万人に対して9.6冊。日本では1万人に6.1冊なので、人口当たりの新刊発行点数はアメリカの方が多いのです(※註1)。そんなこの国で、今年最も売れた本はなんだったのでしょうか。書店最王手のバーンズ&ノーブルのベストセラーランキング(※註2)をご紹介します。

    美紗子 5938 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。