世界で最も歴史のある英語力認定試験「ケンブリッジ英検」を受けた方がいい3つの理由

2566

View

「ケンブリッジ英検」とはケンブリッジ大学が運営する「世界で最も歴史が深く、知名度がある英語力認定試験」のことです。日本では認知度が低いこのケンブリッジ検定ですが、認定されることでさまざまなメリットあります。

スポンサーリンク

1.海外での進学・就職が有利になる

実はケンブリッジ英検は、ヨーロッパを中心に10,000を超える企業や学校で英語力を証明する試験と評価されています。また、その他の英語力認定試験である「TOEIC」や「TOEFL」「IELTS」と違い、公式認定証の有効期限がないので一度取ってしまえば「生涯有効な資格」として扱えます。

2.総合的な英語力が身につく

ケンブリッジ英検の試験は、CPE(レベル1)〜KET(レベル5)と5つのレベルに分かれています。また、試験自体もリーディング、リスニング、さらに日本人が苦手とするスピーキングとライティングなどに分かれており、各々のセクションで全体の60%以上のスコアを取らないと試験を通過することができません。

さらにリーディングには「Use of English(ネイティブスピーカーが使う英語表現)」というケンブリッジ英検特有の問題が組み込まれており、試験を通過するためには高度な文法力、語彙力が必要とされます。

スポンサーリンク

3.自信になる

海外就職、留学に必要なレベルはFCE(レベル3)からとされています。実際にFCEのレベルを取り終えた方は事前の試験対策なしで750以上、英検準1級を取ることも可能です。

まとめ

日本ではまだまだ認知度が低い「ケンブリッジ英検」ですが、実はこんなにもたくさんのメリットがあります。是非ケンブリッジ英検を受験し、海外生活をより有意義なものにしていきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • ケンブリッジ英検

この記事を書いた人

オーケン
オーケン

現在、オークランドにワーホリで滞在してます。オークランドに来る前はアイルランドのダブリンに半年間留学してました。少しだけイレギュラーな経歴を持つ私が、身をもって体験した「現地でためになる情報」を皆さまにお届けできたらなと思います。

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!

語学学校の効果
3倍アップ
留学業界の裏事情を全てeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)