自然あふれる、落ち着いた環境で勉強してみませんか?イギリス留学への誘い〜ヨーク大学の魅力4選〜

2097

View

海外の大学で勉強するのはちょっと不安だというあなた。自然溢れる、落ち着いた場所に留学してみたいと思いませんか。
そんな方に、ヨーク大学(The University of York)はぴったりです。今回はイギリス北部、ノースヨークシャーに位置するヨーク大学の魅力についてご紹介します。

スポンサーリンク

ヨーク大学(University of York)とは?

イギリス北部、ノースヨークシャーの中心都市であるヨーク(York)にヨーク大学はあります。ヨークは、ロンドンからは電車で2時間、エディンバラからは3時間ほどの場所です。日本からは、ロンドンまで飛行機で行き、そこから電車でヨークまで行きます。

大学は、長い歴史のある街の中心からバスで20分ほどの場所にあり、とてものどかな場所です。

1.自然の多さ

キャンパス内にはたくさんの鳥がいます。

キャンパス内はとても広く、中心には湖があり、建物は芝生で囲まれています。勉強の息抜きに、私はよくキャンパス内を散歩していました。 暖かく晴れた日には、多くの学生がピクニックをしたり、バーベキューをしたりしています。

また、四季折々の草花がとても美しいキャンパスには、いつでも鳥がたくさんいます。例えば、アヒルや少し攻撃的な雁(geese)。5月ごろには、雛鳥たちが親鳥の後ろを歩く姿を見ることができ、その可愛さにとても癒されます。

日本の大都市圏の大学と全く違う環境で勉強できたことは私に大きな影響を与えました。留学前は、24時間コンビニがやっていることは当たり前で、このことが先進国のスタンダードだと思っていました。

でも、ロンドンであっても、24時間営業のお店は少なく、ましてやヨークのような田舎にある街では、夕方6時に閉まってしまうお店も多かったのです。学生時代に、今まで育ってきた環境と全く異なる環境に身を置き、「自分の育った環境が世界のスタンダードではない」ということを学び、改めて世界の広さをこの不便さを通して学びました。

2.国際色豊か

たくさんの友人と出会いました。様々なバックグウンドを持った仲間との出会いは宝です。

ヨーク大学はとても国際的な大学です。留学生は3000人ほどで、全体の20%ほどを占めています。私は教育学部で学んでいましたが、各授業には必ず5人以上の留学生がいました。様々な国出身の友人と教育について話していると、日本の教育の良さ、改善点などを見つけることができ、とても興味深かったです。

また、留学生がたくさんいることで、「周りの友だちもがんばっているのだから自分ももっとがんばろう」と思うことができ、課題が大変な時も諦めずに取り組むことができました。授業で分からない時には、留学生のみではなくイギリス人の友人も一緒に解決策について考えました。ここで得た出会いはこの留学の成果の1つです。

私は寮で生活をしていました。こちらも授業同様、国際色豊かな環境でした。9人で1つのフラットで、日本人は私ともう1人だけでした。そのため、いつでも英語を話す環境を手に入れられ、異文化交流をする場にもなりました。文化的な慣習の違いを乗り越えることが時には難しいこともありましたが、それらをどう乗り越えるかということを学ぶことができました。この寮生活で学んだことは今後の人生に大きく役立ちそうです。

スポンサーリンク

3.24時間ほぼ365日開館の図書館

ヨーク大学内の図書館は蔵書数のみならず、学習スペースも充実しています。
camera_phone_lomo

設備

図書館は年末年始やクリスマスを除いて年中無休です。豊富な資料に加え、様々なスタイルの学習スペースがあります。例えば、個人用のソファー、寝そべって本を読むreading space、グループで勉強ができる場所もあります。どの場所も静かに勉強するをしなければならない場所と話をしながら勉強できる場所とに分けられていて、多様な学生のニーズを満たしています。

飲食可能

また、館内の一部の座席ではごはんを食べながら利用することが認められており、わざわざごはんを食べに外に出なくてもいいように工夫されています。実際にエッセーの提出直前は私も一日中図書館にこもっていました。周りの学生も集中しているので自分にとっていい刺激になり勉強を進めることができました。

Writing centre

図書館にはWriting centreがあり、エッセーの提出前に添削をしてくれる場所があります。英語でまとまった量の文を書くのに自信がない人、エッセーの中での引用の仕方が分からない場合にとても役立ちます。

4.教授との距離

先生との距離がとても近く、サポートが充実しているのもヨーク大学の魅力です。

ヨーク大学は、世界の大学ランキングでも上位に位置しています。なんと、2014年には100位以内の大学にランクインしました。(出典:Times Higher Education

大学のランキングが高いと、先生との距離を感じてしまいがちですが、ヨーク大学では、教授との距離が近いのが特徴です。各学生に1人につき教授が1人メンターとしてつくシステムがあるため、学習や新しい場所での生活に悩んだ際に相談に乗ってくれる相手がいつでもいてくれます。

最後に

大学の中は緑で溢れ、約200年前に建てられた洋館、ヘズリントン・ホールもあります。

ヨーク大学についてご紹介してきました。私は10ヶ月間交換留学の制度を利用してヨーク大学で勉強をしてきました。美しい環境に囲まれて、さまざまな国から来ている友人に出会ったことで、自分自身大きく成長したように感じます。

「留学=難しい」と感じている方に、特にこのヨーク大学はオススメです。ぜひ、ホームページなどもご覧ください。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3548 view
  • カナダ滞在者必見!タダで映画が見られてお得な「SCENEカード」

    日本人のように(?)ポイントカードが大好きなことで有名なカナダ人。ここでは、そんなカナダで生活するならぜひチェックしておきたい、お得な「SCENEカード」についてご紹介します。

    eplm 3135 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 2974 view
  • 世界18ヵ国の美人基準はこれだ!これからは恋人探しもグローバルに?

    私が生活しているセブでは美人の基準が日本とは異なります。フィリピンに限らず、お国が変われば美人の基準も異なるようです。日本ではコンプレックスだった部分が、違う国ではキュートだと歓迎されることもあります。そこで今回は、「美人」に関した面白い研究結果を交えてお話ししたいと思います。

    ケン 59327 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 体験談

この記事を書いた人

Mari
Mari

東京出身で、大学在籍5年目です。2015年の夏から約10ヶ月イギリスのヨーク大学に留学をしていました。趣味は留学中に始めたバイオリンと手芸です。よろしくお願いします!