海外での中古品売買はFacebook販売グループがおすすめ!Facebook販売グループの活用方法

1267

View

Wikimedia Commons

留学生活で中古品の売買はFacebook販売グループを活用するのが良いです。アメリカでしたら学校専門のグループも大体ありますのでより安心して個人間での商品の販売と購入が可能です。煩わしい友達申請やフォロー、リクエストも必要なし。そんなFacebook販売グループについてご紹介します。

スポンサーリンク

Facebook販売グループとは?

Facebookロゴ

Facebookの「グループ機能」には通常のグループとは異なる、個人間での中古品の売買を目的とした「販売グループ」があります。日本では知名度が低いですが、アメリカでは多くの人々が活用しております。

詳細はFacebookヘルプセンターのページで確認できます。

留学中に買ったけど、日本に持って帰るのは重いし、捨てるのはもったいない。そんなものが出てきた場合、引き取り手を探すのは簡単じゃないと思います。そんなときはFacebookの販売グループに参加して売ってしまうのが良いです。

一方で、短期留学中に少し使うだけだから新品のものはいらないものなどは買うこともできます。留学後に安く身の回りの物をそろえたい人にもお勧めです。ハンガーや洋服ラックなどを5ドルくらいで売りに出している人もいました。

留学したら現地のFacebook販売グループを探してみてください。学生専門のグループもあり、使い終わった教科書の売買も行われています。

大きな家具を売る際に自分では運べない場合、事前に「Pick up only」という文言を入れておくと、それを踏まえて購入を希望した人が連絡をくれるので輸送の心配がないです。

また、Facebookには決済機能はありませんので、金銭のやり取りは直接行います。

Facebookの販売グループを使うメリット

親指を立てているマーク

これまで、アメリカではcraigslistなどのクラシファイド掲示板を使った個人売買が主に行われていましたが、匿名であるため、ときには詐欺まがいな取引などのトラブルも発生していました。

Facebookの販売グループ機能であれば、事前に相手のFacebookでどんな人か確認できますし、学生間での売買のグループであれば、さらに安心して利用できます。実際にものを売ったり、買ったりする際には、会う場所は人目のつくところを設定して時間帯は昼間を選ぶようにすればさらに安心ですね。

商品の販売方法

手を差し伸べあっている写真

実際にFacebookの販売グループを使って何かを売るときの流れは以下の通りになります。

1.グループに参加する

売買グループを選び、参加希望をする。

2.商品の写真をアップする

承認が得られたら、売りたいものを写真と共に投稿。(金額を入力し、商品の保存状態などをコメント欄に記入)

3.購入希望者からの連絡を待つ

希望者がいれば、コメント欄に連絡がきます。値段交渉をしてくる人もいれば、即決で購入する人もいますし、また友達に教えるために友達の名前をコメント欄に載せる人もいます。

4.受け取りについてのやり取りを行う

希望の価格で買ってくれる人が決まったら、いつ、どこで渡すかを決めましょう。ここからはプライベートな内容になるのでメッセンジャーを使って連絡を取ることをお勧めします。

5.受け渡し

引き渡し当日は、まずお金をもらうこと。たいていの場合は、購入者からまず支払います、と言ってくれるので安心してください。そして、商品の引き渡しをして完了です。

スポンサーリンク

商品の購入方法

ドル袋を握りしめている絵

買うときの流れについては、買いたいものが見つかったらコメントを投稿し、売ってくれる人とのやりとりの流れに乗るのみです。こちらも相手のことをよく判断することが大切です。

また、商品が高すぎたり、安すぎたりする場合は、新しいのになぜ売るのか、どんな欠陥があるのか、をコメント欄で質問するのは大丈夫です。こういった質問は他の購入希望者の役にも立ちます。

たまに、え?こんなものも売るの?というものまで売っている人を見かけます。たとえば、明らかに誰も着ないであろう服やおもちゃなど。金額も1ドルとかで・・・。

実際に使ってみた

Facebookに投稿しているイメージ1

私はFacebook販売グループを通じでテーブルと椅子のセットを180ドルで、Wifiルーターを30ドルで売ることができました。Wifiルーターは大学生に、テーブルと椅子のセットは大学で働いているスタッフの方に売りました。

新品で買ったので、どちらも半額以下になってしまいましたが一年以上使ったので後悔はありません。テーブルの方は最初200ドルで売りに出したのですが、100ドルの値下げ交渉してくる人もいました。

Facebookに投稿しているイメージ2

その値段交渉に納得できず、そのまま掲載して2か月経ったので自ら180ドルで値下げしたところ、希望者が現れたのです。なので、安すぎる交渉には簡単には対応せず自分のペースで値下げしていくことをお勧めします。

おわりに

学年の変わり目は引っ越す学生が多いので、学生間で買ったり売ったりするのに適しています。留学して落ち着いてきたころ、Facebookの販売グループに所属しておくといいでしょう!

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • 中古品
  • Facebook販売グループ

この記事を書いた人

Celina
Celina

現在、アメリカの大学院留学中(乳幼児教育専攻)。大学時代、フロリダのGive Kids The World Villageや日本の児童養護施設、発達障害児の学習教室、家庭的保育所にてボランティアやアルバイトを経験。これらの経験から子育て支援に携わりたいと考え、8年間OLとして勤務後に大学院留学を開始。