親日の国「台湾」での留学生活って?ーー国立台湾大学の留学経験者にインタビュー

1158

View

親日の国として知られている台湾。そんな台湾で中国語を学んでみようと留学する人が増えてきているのをご存知ですか?今回は国立台湾大学に留学している人にインタビューしました!

スポンサーリンク

今回の留学経験者インタビューは台湾の国立台湾大学に留学している「高橋美穂(たかはしみほ)」さん。現在国立台湾大学中国文学科の2年生です。そんな高橋さんの留学生活の様子を3回に分けて紹介します。

第1回目の今回は台湾という国と、そこでの生活について語ってもらいました。

沖縄のような夏!日中は37度まで気温が上がる台湾の気候

ICE MONSTERというお店の有名なかき氷

ーー 台湾の気候はどのような感じですか?

日本のように四季はありますが、夏が長く日本の夏よりも暑いのが特徴です。今年は五月の時点で気温が30度を越えていました。1年を通して湿度が高くじめじめとした気候です。冬は15度くらいまで気温が下がりますが雪はめったにふらないですね。

外食の方が自炊より安い台湾

ーー 生活費は目安として1か月どのくらいですか?

私はキャンパス外で一人暮らしをしているので家賃を含めて約9万円ですね。一般的な台湾の学生は自炊をせずに外食で食事を済ませる人が多いので食費がそんなにかかるわけではありませんが、私は家で自炊をよくするので、食費が一般の人よりも高くかかっていると思います。

ーー 住む場所はどのようにして決めましたか?

私は最初から一人暮らしでした。私が利用した留学会社の中に不動産サポートが付いていたので、キッチンが付いていることを条件に不動産を探しました。全体的には安いですが、キッチンが付くと一気に値段が高くなります。

ーー 台湾でのお勧めグルメは何ですか?

おすすめグルメは、マンゴーかき氷です!特に夏の時期のマンゴーは格別です。

私はもともとマンゴーがあまり好きではなかったのですが、台湾に初めて旅行へ行きマンゴーかき氷を食べたときは、美味しさのあまり衝撃を受けました!

もちもちのタピオカがたっぷり入っているタピオカミルクティーも美味しいです。

スポンサーリンク

台湾語が話せなくても問題ない台湾生活

ーー 日本の高校を卒業してすぐに台湾の大学に留学したのですか?

いいえ。私は最初に台湾の語学学校へ通っていました。そこはほとんどが日本人でした。少人数制の授業でも日本人が多かったです。

ーー 台湾といえば台湾語が主に話されているイメージですが、台湾語を学んでから留学する必要はありますか?

いいえ。全くその必要はありません。今の若い台湾人の子供たちは台湾語が話せない人が多いほどなので、中国語だけ知っていれば生活に困ることはありません。

ーー 台湾観光で行ったお勧めの観光スポットエピソードがあれば教えてください。

台湾には台北101や中正紀念堂など様々な観光スポットがありますが、私は淡水の海辺をゆったり歩くのが好きです。天気がいいと、綺麗な夕焼けも見られます。

屋台もたくさん出ているのでお祭りのような雰囲気もあり、老若男女問わず楽しめます。

ーー 台湾人の国民性はどうですか?

台湾人はとにかくおおからでフレンドリーです。道とかでちょっと迷っているだけで話しかけてきてくれるくらい優しい人が多いです。少し大雑把なところもありますけどね。

すごく大事なビザの手続きをする時に、聞く人によって返ってくる答えが違うので困ったこともありました。それでも困った時にいつでも周りの台湾人が助けてくれたのですごく感謝しています。日本とは違う人と人と距離の近さを感じました。

楽しさだけではない留学生活

台湾国立大学の様子

ーー 留学前のイメージと違ったことはありましたか?

最初は留学=楽しいというイメージが大きかったです。いろいろな国から来た人たちと話して仲良くなって、学校帰りにご飯を一緒に食べに行ったりもして。というようなイメージが大きかったのですが実際に行ってみると言語の壁が想像以上にあって苦しみました。

会話のテンポについていけず言いたいことが言えない悔しさや、発音の違いで言いたいことが伝わらないもどかしさには長い間苦労しました。

ーー 現在の状況に満足していますか?

はい。満足しています。政治学科の方が就職に有利かもしれない、という理由で自分のやりたい文学という分野を学ぶことに悩んだ時期もありましたが、今は自分が興味のあることを学べていて満足です。

就活のことを考えて学科を選択するよりも興味のある分野を選択する方が楽しいと思います。

編集部コメント

いかがでしたか?異国の地での生活に不安を抱えている人でも、親日で親切な人がたくさんいる台湾での留学なら大丈夫そう!と感じた人も多いのではないでしょうか。

みなさんも台湾で素敵な留学生活を送ってみてください。

今回紹介した国立台湾大学の口コミ

国立台湾大学のロゴです
名称國立臺灣大學(国立台湾大学)
国・都市台湾 / 台北
学校形態大学大学院
住所106 台湾 台北市大安區羅斯福路四段1號
電話番号+886 2 3366 3366
公式サイトhttp://www.ntu.edu.tw/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/416/

インタビュアー

林元真季(はやしもとまき)/ 早稲田大学二年/ アブログインターン生

関連記事

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 海外の幼児教育に興味ある人必見!オーストラリアでチャイルドケアボランティア

    子どもが大好きな人、海外の幼児教育に興味がある人にまさにピッタリのプログラムが「英語+チャイルドケアボランティア」です。今回は「英語+チャイルドケアボランティア」プログラムについて紹介します。

    運営チーム 2780 view
  • アメリカで銀行口座の開設方法!お勧めの銀行も紹介

    アメリカで留学生活をしていると、意外と身近で利用する機会が多い銀行!今回はアメリカで銀行の口座開設方法とオススメの銀行を紹介します!

    Yusuke 20935 view
  • なぜ、MBA?〜私がMBA留学を決意した3つの理由〜

    筆者は社会人の女性で、30歳を目前に、働きながらニューヨークでの留学を実現し、2015年5月にニューヨーク市立大学バルーク・カレッジでMBA(経営学修士)を取得しました。留学する理由、MBAを取得する理由は人それぞれですが、迷っている方の参考になればと思い、私がMBA留学を決意した動機やきっかけについてご紹介します。

    Sattyshamrock 5201 view
  • 科学・技術分野への大学院留学をサポートする団体「カガクシャ・ネット」とは?

    インターネット上に留学に関する情報が殆どない2000年から科学・技術分野の大学院留学に特化した情報発信及びネットワーク構築のサポートを目的として活動を続けるボランティア団体「カガクシャ・ネット」。今回は代表の武田さんにインタビューを行いました。

    運営チーム 3350 view
  • 「I'm fine」にはもううんざり?会話が弾む「How are you?」攻略法

    英語を勉強し始めて一番に習う、あまりにも有名な英語の挨拶、「How are you?」。もっとも無難な回答として、「I'm fine」が浸透していますよね。でも実際に留学中に出会う人たちみんなに「I'm fine」と答えるのは、なんか面白くない…そんなあなたに、実際に海外の人たちが使っている「How are you?」の返答集をご紹介します。

    きりん 5483 view

この記事に関するキーワード

  • まとめ
  • インタビュー
  • 体験談
  • 国立台湾大学

この記事を書いた人

運営チーム
運営チーム

THE RYUGAKU [ザ・留学] 編集部です。留学コニュニティサイト『アブログ』も運営しています。

https://ablogg.jp/