アメリカ留学を実現するために私が親を説得した方法

1826

View

Guardian News and Media

みなさんは親をきちんと納得できてから留学していますか?留学したいと自分の気持ちだけが先走りってしまったことはありませんか?留学をしている人の数だけ、色んなケースがあると思います。今回は、私がどのように親を説得したのかを紹介します。

スポンサーリンク

留学のきっかけ

私は高校の3年生の夏に留学を決心しました。進学先を日本の大学ではなくアメリカの大学にしたのです。

留学を考えたきっかけは、母からの勧めです。母に勧められた時、本当に軽いノリで「OK!」と答えたのを覚えています。母もノリで聞いてみた程度だったようで、まさか私が本当に留学すると思っていなかった、といつも言っています。

よく留学する人は少し変わっていると言われているように、私は母に勧められた時はとくに決意も何もありませんでした。「あ、アメリカ行ったことないから行って見たい」という気持ちだけでした。

その後、実際に留学に向けて準備をするためにヒューマンアカデミー(HIUC)に話しを聞きに行き、私の留学準備が本格的に始まりました。

留学を勧めてきた母が突然反対をする

最初のきっかけが母からの勧めだったので、順調に行くかと思いきや…、その母が手続きの寸前で拒みだしました。金銭面の問題よりも、留学プランが現実的に固まっていくことで、本当に私が一人で海外でやっていけるのか?家に私がいないと寂しくなるのではないか?と思い不安になったようです。

とは言っても、私も留学に向けてすでに準備をしている状態です。今から日本の大学受験に変えても、志望校を決める時間も準備する時間ありません。私が一度言ったことは曲げずに行動する性格なのは母も知っているので「ほんとに行く?」「うん、行ってみたい。」といった会話を続けていくうちに、最終的に母も「じゃあ、行っておいで」と納得してくれました。

スポンサーリンク

父親の説得

実はこの時点では、まだ父に留学について話をしたことがなかったのです。母と私の行動を見せて、なんとなく感づかせるようにはしていたのですが…

ある時、一生懸命英語を勉強する私の姿をみて、父が「頑張りや」と声をかけてくれました。この言葉を聞いて、父も応援してくれていると察して初めて面と向かって「行ってもいい?」と確認しました。父はOKをしてくれて、もやもやした気持ちもなく留学に向けて準備できました。

父には、留学を考える前から進路について相談することはありませんでした。相談しても相手にしてもらえることがなかったからです。そんな無口の父が、私の留学プランには向こうから色々と話をしてくれました。やはり海外の大学となると事情は違うようでした。

父の話を聞いているうちに、「まだ私が留学することに、何か引っかかっている部分があるのかも」と感じることもありました。不安になった私は、もう一度自分のやりたいことを父にちゃんと話をしました。

「○○大学に行って○○を勉強したい。○○の資格を取って将来○○になりたいの」と、真剣に将来のプランを伝えたら、父は改めて納得してくれて、本当に安心しました。

両親の本音

本音を聞くと両親は寂しかったのでなかなかOKを出さなかったようです。特に母は、1週間ほど留学経験があり、その大変さを知っているからこそ、私を心配して拒んでしまったのでは、と今になって思います。

最後に

日本にいる時は気付きませんでしたが、留学に行って親のありがたみがすごく分かりました。今では日本に住んでいた時よりも仲良しファミリーになりました。みなさんも自分なりの説得方法を見つけて、留学が実現できることを応援しています。

スポンサーリンク

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

なーやん
なーやん

USAへこれから留学や観光を考えてみなさま!なーやんから助言を必ずチェックしてからUSAへ行こう!

http://shiorinaya.jimdo.com/

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!