北の国で見つけた「温かい国」ロシアーーロシアの留学経験者インタビュー

779

View

ロシアってどんな国?ロシアって怖い?寒い?日本から1番近い欧州にもかかわらず、知っている人が少ない、日本から近くて遠い国「ロシア」。そんなロシアに留学?…あるんです。今回はそんなロシアに留学した大学生にインタビューをしてきました。

スポンサーリンク

  1. 鳴海さん

    鳴海 かさね(早稲田大学 文学部2年)
    夏休みを利用し、ロシアにあるモスクワ大学への短期留学を経験。
    この夏から同じくロシアのサンクトペテルブルク大学へ1年間留学予定。

モスクワ大学のロゴです
名称Московский государственный университет имени М.В. Ломоносова(モスクワ大学)
国・都市ロシア / モスクワ
学校形態大学大学院
住所ул. Ленинские Горы, ГСП-1, Москва, ロシア 119991
電話番号+7 495 939-10-00
公式サイトhttp://www.msu.ru/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/11727/
サンクトペテルブルク大学のロゴです
名称Санкт-Петербургский государственный университет(サンクトペテルブルク大学)
国・都市ロシア / サンクトペテルブルク
学校形態大学大学院
住所7/9 Universitetskaya Emb., 199034, Saint Petersburg, Russia
電話番号7 (812) 328 2000
公式サイトhttp://www.spbu.ru/
口コミサイトhttps://ablogg.jp/school/9180/

きっかけは友人

ロシア留学のきっかけは友人

りほ:どうしてロシア留学をしようと思ったんですか?

鳴海:高校生のときにロシア人の友達ができて以来、ずっとロシアに行ってみたいと思っていたからです。あと、大学からロシア語を始めたので、旅行よりも留学の方が、勉強になるんじゃないかなぁと思ったからです。

りほ:ロシア語を学んでどれくらいしてから留学したんですか?

鳴海:4ヶ月です。ロシア語って難しそうなイメージが強いですが、単語を並べただけの、拙いロシア語でも、なんとかコミュニケーションがとれていたかと思います

観光でも楽しめるロシアの食とスポット

ロシアのおすすめ料理「ブリヌイ」
Andy Wright

りほ:ロシア料理ってボルシチくらいしか思いつかないんですけど、おいしいですか?

鳴海:美味しくて、私は好きですよ!お勧めは「ブリヌイ」というロシアのクレープみたいな料理です。ロシアには「テレモーク」というブリヌイのチェーン店がありまして、ファストフード感覚で食べられます。

ロシアの乳製品は、基本的に全部美味しいですが、特にアイスクリームは…美味しかったです。

りほ:ロシアでお勧めの観光スポットを教えてください

鳴海:セルゲイエフパッサードやメーリフォボですね。定番とは違う郊外なんですが、モスクワ中心地からも行きやすいので、ロシアへ行ったらぜひ訪れて欲しいです。アンドレイルブリョフ記念美術館などもお勧めです。静かで良いところですよ。

ロシアの生活で感じる困難

ロシアで感じる困難

りほ:ロシアで困難だったことはなんですか?

鳴海:そんなにはないのですが…強いて言うなら、寮の部屋があまり綺麗ではなかったことと、シャワーから泥水が出たことですね(笑)でも、こういう経験って日本にいるだけでは絶対にできないので、貴重な経験でした。日本は綺麗ですからね。

りほ:言葉の壁などはありましたか?

鳴海:基本的には簡単な言葉でもなんとか最低限のことは通じてたと思います。でも、たまにロシア語が通じないときもあるじゃないですか。そんな時に英語を使ってみるんですけど、余計に通じないんです笑。ただ、最近の若者は結構英語をわかってくれるので、すべてのロシア人に英語が通じない、というわけではないですが。

りほ:それでも4ヶ月の勉強でロシア語でコミュニケーションが取れるってすごいですよね。

スポンサーリンク

心の温かいロシア人

心の優しいおじさんのいるカフェテリア

りほ:ロシアで一番思い出に残っていることはなんですか?

鳴海:ロシア人が思った以上に優しく接してくれたことです。やっぱり異国で言葉も不自由なので、困ったこともたくさんあったんですよ。でも、その度にロシア人が親身になって助けてくれました。

りほ:なにかエピソードはありますか?

鳴海:大学にある食堂のおじさんは、料理を頼むときにいちいち料理の名前を教えてくれました(笑)また、雨の中で傘を持たずに外で並んでいたら、傘に入れてくれて上着まで貸してくれた女性がいて嬉しかったです。本当にたくさんの人に助けてもらいましたね。

ロシア人の友人と遊ぶと、必ず寮の最寄駅まで送ってくれました。週末には「ダーチャ」という、ロシア人が夏を過ごすセカンドハウスにも招待してもらって…友人にも、友人の家族にも温かい心でもてなしてもらいました。

ロシア人は笑わないとよく言いますし、冷たい人たちなのかと思われがちですが、実際には全然そんなことなくて、心の温かい人ばかりでした。

恐れずに挑戦して欲しい、貴重な経験「ロシア留学」

ロシア留学に挑戦してみてください

りほ:ロシア留学を考えている人へのメッセージをお願いします

鳴海:「ロシアに留学する」というと、周囲の人には「大丈夫なの!?」という反応をよくされるので、自分も不安になってしまうかもしれません。でも、ロシア留学が他の国への留学に比べて特別危険だとか、ハードルが高い、といったことはないです。「学生時代にロシアへ留学する経験」というのは珍しいですし、貴重な経験になることは間違いありません。

大学に設置されているプログラム以外にも、「JIC」という旅行会社のプランや、「日露青年交流事業」など、方法はいくらでもあります。ロシア留学に興味のある方には、恐れずに挑戦して欲しいです!

まとめ

ロシアへの留学はあまり聞かないですし、ハードルが高いイメージがありました。でも、実際留学をしてみると、ロシアは温かい国なんですね。こうやって話を聴いてみると、ロシアという国を少し身近に感じられるようになった気がします。もともとロシアに興味があった方はもちろんのこと、この記事を読んでロシアに興味を持った方も、ぜひロシア留学に挑戦してみて欲しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • インタビュー
  • 短期留学
  • ロシア人
  • サンクトペテルブルク大学
  • ロシア語
  • モスクワ大学

この記事を書いた人

りほ
りほ

東京の大学生。ベトナムで教育支援を行うボランティア団体に所属。趣味は読書と食べること。フィンランドに留学予定。