イスラム教

「イスラム教」に関する記事が6件あります。

「イスラム教」に関する記事一覧(6件中 1 - 7を表示)

  • 海外生活で知っておくべき国籍・宗教の違いによる食文化の違い3選

    「イスラム教徒は豚肉を食べてはいけない」ということを何となくご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、世界には国籍や宗教によって絶対に食べてはいけないものがあります。海外にはさまざまな人種の人たちがいるので、生活する上で知っておかないと後で大変なことになることも?そこで、ここでは、海外生活を送る上で絶対に知っておきたい、国籍・宗教の違いによる食文化の違いについてご紹介いたします。

    Satomi 3350 view
  • タイの深南部で今も続く、タイ政府と元パタニ王国の紛争とは?

    読者の皆さんは、タイ深南部にあるヤラー県・パッターニー県・ナラティワート県と呼ばれる3つの県をご存知でしょうか。日本の外務省の海外安全ホームページでも、常に「渡航中止勧告」と表示されている地域です。タイ南部には多くのビーチリゾートがあります。その様なエリアは特に危険警告されていないのに、何故この深南部の3県周辺は常に渡航の中止と警告されているのでしょうか?ここでは、タイ深南部がどのような問題を抱えた地域なのかを説明したいと思います。

    Namyam 4807 view
  • 将来はイスラム教徒の人口が1位になる?タイでも推進されてきているḤarāl(ハラール)製品とは?

    タイは縦に長い地形のため南部はマレーシアと陸続きになっています。そのため、タイ南部は仏教の国とは少し雰囲気が変わって、イスラム文化の影響も大きく受けています。しかしタイに限らず、今や世界的にもイスラム教徒の割合が増えてきており、将来的にはキリスト教を抜いてイスラム教を信仰する人口の割合が1位になるとも言われています。そしてタイでもイスラム教で「合法」を意味する「ハラール」と言われる商品が多く見られるようになってきています。今や世界でも徐々に増えきている「ハラール」とは一体どのような物を意味するのでしょうか?

    Namyam 3250 view
  • アメリカ在住経験から見える宗教の衝突の原因について

    私は以前から宗教に関して関心を持ち続けてまいりました。べつに私個人は特定の宗教を信仰しているわけでもありませんが、宗教の社会に与える影響には大変興味がございます。先日、日本に帰国している際、「なぜ、一神教であるユダヤ教、キリスト教、イスラム教は互いにいがみ合うのか」という質問を受けました。その場は酒の席でしたので、すぐに話題はべつのことに移ってしまいましたが、この間、この質問に関して思い起こさせるようなことが起きました。そのことについて書いていきましょう。

    命かげろう 2737 view
  • 短期留学でTOEIC
    300点UP
    語学学校の攻略法をeBoookに公開! ダウンロードする(期間限定・無料)
  • アラブ系住民の巨大なコミュニティの町「ディアボーン」

    最近、宗教の話題が続いておりますが、今回で一区切り、最後にイスラム圏の話で終わりにしたいと思います。世界の三大宗教はキリスト教、イスラム教、仏教とすると、二番目のイスラム教は私にとって縁遠い存在でして、私の回りに信者はおりません。今回、アメリカ国内で中近東の人が多く住んでいるミシガン州Dearborn(ディアボーン)という街に行ってまいりましたので、その時の体験をお話ししたいと思います。

    命かげろう 5104 view
  • 50%OFFの学校も掲載!留学なら最低価格保証の比較サイト〈ラングペディア〉

    語学留学を検討している方、ぜひラングペディアを使って最低価格でお得に留学しませんか?

    Langedia[ラングペディア] Sponsored
  • "Oh my god!" と言っちゃダメ!? ― 神の概念について

    皆さんは驚いた時に、英語ではなんと表現するでしょうか?おそらく「Oh my god!」という人が多いと思います。おそらく、日本人の多くはGodへの信仰あるなしにかかわらず、「教科書に書いてあった」から、そういっているだけなのですが、これがなかなか厄介な一面を持っている表現だと渡米してから分かりました。今回は私が体験した宗教に関わるエピソードと、神の概念の違いについてお話ししましょう。

    命かげろう 7464 view
  • 経済的成功は神の恩恵?キリスト教の倫理が資本主義の精神を形づくる

    この間、私はアメリカ人の友人から呼び出しを受け、寿司を食べてきました。要はただ単に寿司を食べるパートナーとして引きずり出されたのですが、偶然にも、ちょっと「労働」と「宗教」に関して考える良い機会になりました。

    命かげろう 4510 view

スポンサーリンク

留学希望者におすすめ各国の留学情報を徹底解説!