タイム誌「履歴書を読む人があなたに知っておいて欲しい5つのこと」から考える英文履歴書のポイント

2231

View

先日のタイム誌で「履歴書を読む人があなたに知っておいて欲しい5つのこと」と題するとても興味深い記事がありました。ここでは、英文履歴書を作る上でとても参考になる、この記事の内容を日本語訳を交えながらご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

今回ご紹介する記事について

今回ご紹介するのは、2016年1月8日にタイム誌のオンライン版に掲載された記事「5 Things the People Reading Your Resume Wish You Knew」です。

この記事では、そのタイトル通り、普段履歴書(resume)を見る立場にある人たちが、応募者の人たちに「このポイントを知っておいてくれたらなぁ」と感じている5つのポイントを簡潔に紹介しています。英文履歴書を書くときに、非常に参考になる視点を提供してくれます。

ここでは、この記事で紹介されているこの履歴書にまつわる「5つのこと」を日本語訳を交えながらご紹介したいと思います。

(この記事の内容にも少々かぶる部分がある英文履歴書の書き方については、「海外の就活生必見!「英文履歴書」の書き方と作成ポイント」でご紹介しました。)

1. If your relevant experience, education, or skills are hard to find at a glance, your resume might as well be blank.

(関連する経験や教育、スキルがひと目でわかるようになっていないくらいなら、履歴書は白紙の方がマシ)

履歴書を目立つようにしたいのはよくありがちなことなのですが、デザインにこだわりすぎて、「読み手に読んで欲しい」情報がどこにあるかわからなくなってしまっては、本末転倒です。

「Resume summary」(履歴書の要約)を履歴書の最初に置いて、関連する資格や関連する職業経験をそこに書き込むのが効果的でしょう。

2. If it’s not immediately clear from your experience why you’re applying, no one will connect the dots for you.

(あなたの持っている経験から、どうしてあなたが応募しているのかが即座にわからないようなら、誰もあなたのために点と点を結んで全体像を作ってくれたりはしないでしょう)

「この経験があるから、このポジションに応募します!」というはっきりとした内容でないかぎり、厳しい選考過程で先に進むことは難しくなります。履歴書の段階で落とされないためにも、「わかりやすさ」を重視して理路整然とした履歴書を作ることを心がけましょう。

スポンサーリンク

3. If your resume is difficult to skim, it probably won’t be read at all.

(流し読みがしにくい履歴書は、おそらく全く読んでもらえないでしょう)

これはかなり厳しいコメントですが、ほとんどの採用担当者は履歴書を20秒ほどしか読まないとのこと。この20秒間で「どれだけ読みやすく」「流し読みができるように」してあるかが、英文履歴書の大きなポイントになります。もちろん、小さすぎるフォントはNGです。

4. If you expect to get your resume in front of a hiring manager, you need to first make sure you get through HR.

(採用担当マネージャーに自分の履歴書を読んで欲しいと思うなら、まず最初に人事の選考を通過できるようにすること)

これはすなわち、その分野の知識がない人事の人でもわかりやすく、理解できるように履歴書を書くということです。

多くの場合、履歴書はまず人事の手を通って、それから各部署の担当者に渡ります。その分野の知識がない人事の人でも理解できるように、できるだけ技術的、専門的な用語は使わずに書くことが、最初の関門を通過するポイントです。

5. If your contact info isn’t correct, nothing else matters.

(個人情報が正しくなかったら、他が全て良くてもどうにもならない)

電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、確認に確認を重ね、実際電話をかけたりメールを受け取ったりできるかどうかテストしておくことが大切です。

まとめ

英文履歴書を書くときに参考になる、タイム誌の記事をご紹介しました。ここでは内容を簡潔にご紹介しましたが、全文通して非常に参考になる内容が満載です。ぜひ、英文読解の練習をかねて全文目を通してみることをおすすめします。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 3010 view
  • 脱ブロークンイングリッシュ!正しい英語を習得するための3のコツ

    筆者は現在カナダに住んでいますが、10年以上カナダにいてもたどたどしいブロークンイングリッシュを操っている人を何人も知っています。このことからいくら海外に長く住んでいても、ただ住んでいるだけでは決してその国の言語を習得できるわけではないということがわかります。そこで今回はどうすれば短期間で最大の効果を出せるのかお伝えしたいと思います。

    Masaki 4234 view
  • 留学で保険は本当に必要なの?留学と保険のお話

    留学やワーキングホリデーを検討している方で、保険の加入について悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは留学やワーキングホリデーの保険に関するお話をお伝えします。

    運営チーム 1102 view
  • 大学生活で一番大変だった課題は?ーーTHE RYUGAKUライター8名に聞いてみた

    大学留学のメインはなんといっても勉強です。現地の言葉で大学の講義を受けるわけですから、相当な努力をしなければなりません。特に、留学先での課題は大変ですよね。今回は、実際に大学留学を経験したTHE RYUGAKUライターにアンケートを取り、大変だった留学先の大学の課題を答えてもらいました。

    運営チーム 1678 view

この記事に関するキーワード

  • コラム
  • ニュース

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。