コストを抑えて実現!「留学する際の5つの節約術」<The Street>

3252

View

世界で活躍できる人材を求める企業のニーズとともに増加する、海外留学者の数。でも、とにかくお金がかかってしまうのが留学なんです。少しでも節約する方法はないものでしょうか?ここでは、「留学する際の5つの節約術」と題した記事についてご紹介します。

スポンサーリンク

今回ご紹介する記事の詳細

今回ご紹介するのは、2016年5月3日にThe Streetというウェブサイトに掲載された「5 Money Saving Tips When Studying Overseas」(留学する際の5つの節約術)です。この記事では、そのタイトル通り、留学で少しでも節約するためのが5つのコツが紹介されています。

Open a foreign bank account

「外国の銀行口座を開設する」

…by opening a foreign bank account, students can avoid bank and international transfer fees, especially if they're planning an extended stay.

(英国のある海外送金会社の代表の話)「外国の銀行口座を開設することで、特に長期滞在を計画している場合、学生は銀行手数料や国際送金手数料を避けることができます。」

Alert your bank ahead of time

「銀行に事前に連絡をする」

Your bank needs to know you're studying abroad, so you can continue your banking experience unimpeded.

「あなたが妨害なく銀行経験を続けることができるように、あなたの銀行はあなたが留学していることを知っている必要があります。」

海外滞在中にキャッシュカードやクレジットカードをキャンセルされたりすると、とても不便なことに。これを避けるためにも、海外での利用を事前に知らせておくと安心です。

スポンサーリンク

Use multiple branches

「複数の支店を利用する」

"A good tip is to stick to a budget and have your parents deposit money into an account that has branches overseas so it can be withdrawn with no additional expenses."

「予算を決めておいて、追加料金なしで引き出せるように海外に複数の支店のある口座に両親に預金してもらうのも良いコツです。」

アメックスのプラチナカードを持っていると、小切手や両替の手数料が安くなるので、これもオススメとのこと(※これはアメリカ人学生向けに書かれたものなので、日本では同等のサービスがあるかは要確認です)。

Avoid the priciest locales (and still gain the cultural experience)

「最もお金のかかる場所を避ける(それでいて文化経験を得る)」

"I thought I had truly seen Europe after side trips studying in Paris and living in Switzerland, but traveling to lesser-known countries this year was a real eye opener.

「私(とある旅行会社のマーケティング責任者)は、パリに留学し、スイスに住んでいたときに行った旅行でヨーロッパを見た気になっていましたが、今年より知名度の低い国々に旅行して、これが目を見開くようなものでした。」

知名度が低く、あまりお金もかからないような国への旅行が、かえって自分を刺激してくれるようなこともある、とのこと。

Live like a local

「ローカルのように生活する」

To qualify for local deals, sign up for an international student identity card, which provides access to discounts across the globe.

「ローカルのお得情報をゲットするためには、国際学生証を申請しましょう。これで、世界中の割引へのアクセスを得ることができます。」

特に節約しなくてはならない状況では、お金のかかるものはどうしても楽しめなくなってしまうもの。そんな中でも、国際学生証があれば、美術館や博物館、映画館だって安くなることも。これを使わない手はありません。

まとめ

若いからこそできる、とても貴重な経験である留学。金銭面でしっかりと計画を立てて、少しでも安く、実現したいものですね。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • 留学のためのクレジットカードの選び方とポイント

    これから留学される人でクレジットカードについて検討されている方は必見!留学でクレジットカードが必要な理由や、選ぶときのポイント、そして留学におすすめのクレジットカードをご紹介します。

    運営チーム 2850 view
  • オーストラリアで病気や怪我をしたら?オーストラリアの病院の使い方

    オーストラリアでは日本と違い、安価に気軽に病院には行けません。ワーキングホリデーや留学の際に海外旅行保険には加入していますか?人はいつどこで体に不調を感じるか予測できません。ましてや気候も文化も空気も異なる海外です。体調不調が起きて当然かもしれません。今回は、オーストラリアでの病院の使い方についてご紹介します。

    ちび 5885 view
  • 日本人とはここが違う!?アメリカ人のプレゼンでスゴイと思った特徴3選

    皆さんは会社や学校の授業などでプレゼンテーションを行った経験はありますでしょうか?筆者も日本に住んでいた頃、会社でよくプレゼンをしていましたが、正直な所あまり得意ではありませんでした・・・。そこで、筆者が今までに見たアメリカ人のプレゼンの中で「これはスゴイ!」と思ったことを3つ挙げてみたいと思います。

    Makani 3093 view
  • 目指せ名門大学編入!アメリカのコミカレで好成績を取る4つのコツ

    アメリカのコミュニティカレッジは四年制の大学に比べて学費が格段に安く、有名大学への入学を目指している日本人留学生にとても人気です。今回は筆者が実践していたコミカレでいい成績をキープする4つのコツを紹介したいと思います。

    アシュリー 4908 view

この記事に関するキーワード

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。