「どうして日本人は英語がこんなに下手なのか?」<Japan Today>

5021

View

悲しいことに、世界でも有数の「英語が下手な人種」の汚名が定着してしまっている、私たち日本人。ここでは、その理由にスポットライトを当てる「どうして日本人は英語がこんなに下手なのか?」と題した記事についてご紹介します。

スポンサーリンク

ご紹介する記事の詳細

今回ご紹介するのは、2012年5月6日にJapan Todayに掲載された「Why are Japanese so bad at English?」(どうして日本人は英語がこんなに下手なのか?)です。この記事では、そのタイトル通り、日本人が英語が苦手な理由をいくつかの側面から分析しています。

Three Curricular Reasons Why Japanese People Can’t Speak English

「日本人が英語を話せない(学校)カリキュラム的な3つの理由」

1. Inadequate reinforcement of the lessons

「授業の不十分な強化」

They need reinforcement: real-world materials showing the variety of ways in which words are actually used.

「彼ら(日本人生徒たち)には『強化』が必要なのです。『強化』とは、単語が実際に使われる様々な使われ方を示す、実世界の教材のことなのです。」

不十分な時間数の授業で、単語や文法だけを押し込められ、実際にどのように使ったらいいのかについて十分な教育がされていない、と筆者は述べています。

2. Classroom control

「教室のコントロール」

At the risk losing some classroom control, it wouldn’t kill you to get people out of their seats and actually interacting with each other.

「多少教室のコントロールを失うリスクを負ってでも、生徒たちを席から立たせて、実際に互いに交流させても、あなたが死ぬことはないのですから。」

従来の、生徒が全員着席して静かに授業を聞くスタイルの教育では、成果が上がらないとしています。

3. Inadequate practice

「不十分な練習」

There’s a huge difference between knowing what to do and actually being able to do it. Put somebody face-to-face with another human being and all sorts of things happen to their brain.

「するべきことを知っていることと、それを実際にすることができることとの間には大変大きな差があります。人を別の人に対面させると、あらゆることがその二人の脳に起こるのです。」

筆者は、実世界の予測できないコミュニケーションに対応するための練習の不足について述べています。

スポンサーリンク

Two Cultural Reasons Why Japanese People Can’t Speak English

「日本人が英語を話せない2つの文化的理由」

1. Silence constitutes an acceptable response in Japan

「日本では沈黙が許される反応となる」

Nobody wants you to go off doing something crazy, like saying what’s on your mind.

「誰もあなたが自分が何を考えているかを言ってしまうような、狂ったことをすることを望んでいません。」

Students are just conditioned by abuse from those charged with protecting them.

「生徒たちは、彼らを守ることに責任を負う人たち(教師)からの乱用によってただ制約(条件づけ)されているだけなのです。」

日本人はあまり多くは語らず、胸の内に秘める文化を持つ人種です。また、「○○をしたら叱られる」とか「○○をしたらいけない」とか、そのような社会的な圧力が子どもたちの上にものしかかっています。

2. Japanese people by and large don’t understand that English is not optional, but essential

「日本人は全体として、英語は任意なのではなく、必須であるということを理解していない」

The chances of a Japanese person having to use English appears to be about on par with needing an abacus.

「日本人が英語を使わなくてはならない確率は、そろばんが必要となる確率とおよそ同等のようです。」

日本人がほとんどを占め、島国である日本では、英語の必要性を感じる可能性がそもそも低いということです。

まとめ

日本人が英語を話せない理由について、様々な側面を分析した興味深い記事についてご紹介しました。ややくだけた文体で書かれた文章で読みやすく、またこのメディアをご覧の方であれば興味深い内容だと思いますので、ぜひ全文を読んでみることをおすすめします。

<留学希望者向けのお勧め記事>

留学を検討している人はこちらの記事がお勧めです!
アメリカ留学なら ⇒ アメリカ留学
カナダ留学なら ⇒ カナダ留学
イギリス留学なら ⇒ イギリス留学
オーストラリア留学なら ⇒ オーストラリア留学
ニュージーランド留学なら ⇒ ニュージーランド留学
フィリピン留学なら ⇒ フィリピン留学

スポンサーリンク

おすすめ記事

この記事に関するキーワード

  • 語学
  • コラム
  • オピニオン
  • ニュース
  • 翻訳
  • Japan Today
  • 英語教育

この記事を書いた人

eplm
eplm

Tea drinker, painter, traveler, skier and yogi. アメリカ、カナダ、デンマークなどに居住。現在は翻訳の仕事をしながら、イギリス南西部の田舎町でパートナーとその家族との5人+1匹暮らし。